リディさんのブログ

  • 記事数 49
  • 読者 4
  • 昨日のアクセス数 7

テーマ:小説 > 回顧録

2017/10/08 23:08:41

  • 0
  • 0

ある日、学校から帰り
母から、葉書が手渡された。見ると、差出人が書かれてなくて、不信に思った。
何やら、細かい字が沢山書いてあり、読む気にもならなかったが、とにかく私宛てなのは、間違いない。しぶしぶ読んでみる。

不幸の手紙だ

最後に、これと全く同じ文章を書いて、誰かに出さないと不幸になる…と書かれてある。

私は、恐ろしくなって、破り捨ててしまった。
ただ、ただ、怖かった。こんなの見たくなかった。そして、今になって思えば、誰かに葉書を出せばよかったのだろうか…と思ってしまう。

なぜなら、本当に不幸があとから、あとから起こったから…

つづく

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 恋文を頂いた久しぶりにキチンとした文章で美しい文字にボ...

  2. 今日、職場に行きました。ホワイトデーのお返しを先生から頂...

  1. 家にいる時の母は、よく本を読む人で、私の家には山のように本が...

  2. これは先程の手紙のコピーだ。便箋を折り畳む際裏...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/25 編集部Pick up!!

  1. 仕事に行くフリして働かない夫
  2. 友人の子供を注意してもいいか
  3. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3