ブログランキング27

【小説】ボク恋~カオル編~

性懲りもなくBLです。BLとは男と男が愛し合うことです。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2487
  • 読者 590
  • 昨日のアクセス数 7138

意外な人《396》

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2017/10/09 20:07:34

  • 58
  • 2

☆ボクはそれでも恋をする☆       





「座ってもいいですか?」

「もちろん」


タクミはアツシの向かい側へ座る。アツシは
読んでいた雑誌を閉じ、テーブルの隅へ置く。


「それ、音楽雑誌ですか?」


タクミが指をさす。


「そう。ツキトのバンドの特集が組まれて
るから、買っちゃった」

「いいなぁ。ちょっと見てもいい?」

「はい」


タクミは雑誌を受け取り、ギャザリングの
特集ページを開いた。
そこには、新しくリリースされるCDの紹介
とメンバーの写真がたくさん載っていた。


「相変わらず、カッコいいですね」

「でしょ~。ふふふ」

「もしかして、カウントダウンライブで
こっちにきてるんですか?」


Butterflyでのライブを思い出す。


「いいえ。今年は事務所主催のカウントダウン
ライブにでるから、東京です」

「アツシさんついていかなかったんですか?」

「うん。本当はついていきたかったけど、
東京でのライブ、しかも今回はシンビとか
一流どころと一緒だから、来てほしくなか
ったみたいです」

「ふ~ん、わかんないなぁ」


タクミはコーヒーを飲みながら、不服気な
顔をする。


「判らないですか?」

「うん」

「フフフ、俺以外の人にモテモテなところ
とか、あと、演奏してる時は俺の事忘れて
ますから。そういうところを生で見せたくな
いんです」

「へぇ。アツシさん、愛されてますね」

「いいでしょ。えへへ」


ツキトの事を何もかも理解して、離れていて
もこんなに幸せそうな顔をするアツシが
タクミは羨ましかった。


「京都へは、どうして?」

「さすがにひとりぼっちの大晦日は淋しい
だろうから、Butterflyにいっておいでって
ツキトさんが言ってくれたんです」

「わぁ~優しい」

「本当は俺がカオルさんの事好きだったの
しってるから、行かせたくないんですよ」


頬を染めて話すアツシが、乙女に見えた。






〇(*´-`) オマタセシテ、ゴメンネ

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:6612684・10/10

    ドロシーさん


    いえいえ、2日もサボって
    すみません。。(〃_ _)

  2. ドロシーさん(50歳)ID:6612300・10/09

    お休みなのに、更新ありがとうございます!

  1. 1

    MyhoneyCin...

    1日前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18311 / 読者数 4120

  2. 2

    YOU.

    1日前

    優奈

    記事数 470 / 読者数 684

  1. 3

  2. 4

    When love ...

    12時間前

    リノ

    記事数 713 / 読者数 1487

関連するブログ記事

  1. ☆☆☆☆☆タクミはにニヤリとする。「アツ...

  2. ☆☆☆☆☆ライブが始まる時間がやってきた。「...

  1. ☆☆☆☆☆ステージに上がり、楽器などをセットして...

  2. ☆☆☆☆☆一方、アツシは……ツキトの帰りを待...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/14 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3