ふつふつと

日々の生活で感じた事

  • 記事数 79
  • 読者 17
  • 昨日のアクセス数 8

食品について

しおりをはさむ

2017/10/08 15:04:37

  • 4
  • 0

注意をする食材は、外食の米、露地栽培のキノコ、神奈川から宮城までの太平洋側の都県の川魚、神奈川から北海道までの太平洋側の魚です!

放射能食品から家族を守るためには、いろいろの食材を選ぶことが、大切です!

外食の米、

露地栽培のキノコ、

神奈川から宮城までの太平洋側の都県の川魚、

神奈川から北海道までの太平洋側

の魚は買わないことです!

これは、重大な警告です!

■魚介類・海草類

【魚】

回遊魚(カツオやマグロなど)は、しばらく買うのを控えてください!

北太平洋やオホーツク海から流れてくる冷たい「親潮(千島海流)」と、福島原発から放出された放射能汚染水が福島県沖で合流し、四国、九州へと流れ込んでいますので、小さい魚(動物)から大きい魚(動物)へと、放射能は生物濃縮されています!

大手スーパー店頭調査結果として、メバチマグロ、ブリ、カツオ、ゴマサバなどの回遊魚の放射能汚染は、ひどいようです!

中には鯖の缶詰からも検出されているようです!

缶詰などの加工食品はブラックボックスなので、危険極まりないといえます!

カツオ、サンマ、サケ、本マグロの放射能汚染がひどく危険です!

また広範囲に気を付けるべきものとしては、

・太平洋側の魚介類 (マダラ・ヒラメ・カレイ・クロダイ・スズキ・モツゴ・ア イナメ等)

・本土全体の山菜類(タケノコを含む)

【長期間、産地に気をつけるもの】
・東北、関東の淡水魚としては、ワカサギ、鮎、イワナなどが挙げられます!

【海藻類】

海藻は、汚染されやすい食物ですから、全体に注意が必要です!
福島沖?千葉沖までの昆布、わかめ類は、絶対に購入禁止です!

東京電力は、福島第1原発の港湾内でとったアイナメから、魚類では過去最大値となる1キログラム当たり74万ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表したが、驚くべき数値です!

このような数値の魚を食べますと、重大な放射能被爆をしてしまいます!

関東地方の淡水魚(ワカサギ・イワナ・ヤマメ・フナなど)は、食べてはいけません!

ブリは、スズキ目アジ科に分類され、北西太平洋に生息して回遊性する大型肉食魚ですから、生体濃縮しています!

サカナの汚染状態・原発事故から2年あまりがたち、サカナの汚染は増々深刻な状況と成っており、もはや魚介類や海藻類は食としては適さない危険食料と成っています!

放射能汚染全体は、太平洋側の神奈川沖から北海道まで広がっており、さらにハワイの方まで広がっています!

【放射能】鹿児島県の「かつお」からセシウム(グリーンコープ生協)

■畜産物

【肉類】

牛は、全国へ移動していますので個体識別を参照!
国産という表記だけでは安心はできません!

ブランド肉推奨だけど産地ロンダリングあります。

全国に、汚染牛や豚が移動しています!

「国産品」というあいまいな表記の商品は、きわめて危険です!

【長期間、産地に気をつけるもの】

【牛乳】

牛乳は止めてください! 牛乳は牛の血液です。(東北、関東)の牛は白血病になっている可能性が高く、極めて危険です。

■野菜・果物類

【長期間、産地に気をつけるもの】
・ブルーベリーやキウイフルーツなど(東北、関東)
・レンコン、里芋など(東北、関東)
・常緑樹の果樹 ミカン、柚子など(東北)
・木の実 栗、クルミなど(東北)
・ハーブ類(東北、関東)
・乾物類 切り干し大根など(東北)
・山菜類 タケノコを含む(本土全体)

米はできるだけ原発から遠い生産地を選ぶことです。

岩手、秋田、新潟、長野、山梨、愛知は、残念ながら危険です!

「太平洋産」や「国産」という表示は、風評隠しや放射能隠しです!

【放射能】魚の缶詰から、続々とセシウム。

外食のコメ、コンビニのコメは、安い福島産のブレンドで放射能まみれですから、要注意です!





ある方の記事を転載しました。
食べるものを気にされている方の一助になれば。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. じゃがいもをレンジでチンして柔らかくしたのをベーコンとカルデ...

  2. すいか嫌いなんだけど、きなことなら食べれた。玉ねぎヨーク...

  1. 夕食を食べることができました。副作用が消えたかな。で...

  2. 白菜と青菜と牛蒡と榎とワカメの味噌汁にムール貝のガーリック焼...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 友人の子供を注意してもいいか
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3