ふつふつと

日々の生活で感じた事

  • 記事数 71
  • 読者 16
  • 昨日のアクセス数 103

被曝の共犯はあなた

しおりをはさむ

2017/10/08 14:29:34

  • 1
  • 0

★甲状腺がんが多発し、県の費用で甲状腺の治療費を補償することを決めた福島県ですが、その「甲状腺検査評価部会」は、県民の声と『原発事故の影響とは考えにくい』の間で迷走しています。

第5回部会(2/2)の議事録を読みました。その紹介です。
→ http://hinankenri.blog.fc2.com/blog-entry-149.html

議事録は、部会員が甲状腺がん手術事例の多発を否定できないで、でも放射能の影響は認めたくなくて、しかも県民健康調査の利権は維持したくて、理屈に苦労して迷走。


「放射線副読本」(文科省)を各学校に配っていますが。
「放射能はどこにでもある。放射能は安全・安心です」
「100ミリシーベルト以下の被曝でがんなどになったという明確な証拠はない」
と記載しています。
「原子力・エネルギー教育支援事業」(文科省)として学校で原子力・放射能などの教育を行なうための教員の研修、講師派遣などの費用を国が自治体に交付しています。
福島県の学校では、地域メディエーター(仲介者)が市から派遣されて、放射能は心配ないと教えています。
一例「1キロあたり2万ベクレルのアユでも食べて大丈夫」
「ヒ素が入っているから、放射能よりヒジキのほうが危険」・・・など
放射線学習教材と授業実践への活用」シンポジウム(2015.3 東京)で各地の学校教師が、どのような放射能安全教育を実施しているかを発表しています。



水面下でされている事を把握せず、ただただ
「放射能の話ししたら福島の人たちがかわいそう」
と言う発言が、色々な事実を隠す助けになっている事、それは隠そうとする人達の共犯行為になってしまう。
私は、もっと皆さんに事実を知っていただきたいなと言う思いでいます。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ちだいさんのブログを転載します。彼は、福島の事故以降毎日自...

  2. 在日朝鮮、韓国人だけが有しているとされる「特権」はたくさんあ...

  1. 東京23区のうち、小池氏の地元の豊島区長と練馬区長を除く...

  2. 私は日本国籍保持者だ。当時、日本では9年間の学校教育を義...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/20 編集部Pick up!!

  1. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  2. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3