ブログランキング37

大好きなご主人様とのエロな日常

ご主人様からの愛を一身に受け、ただただ毎日エッチしているだけです。

  • 記事数 85
  • 読者 156
  • 昨日のアクセス数 5871

不感症のこと

しおりをはさむ

2017/10/08 04:48:06

  • 4

サヤカはご主人様に会うまで
逝ったことがありませんでした。


参照)気持ちいいこと
http://www.ca-girlstalk.jp/blogs/articles/1912869

(↑詳しくはコチラに。)


だから、それまでずっと
サヤカは不感症なんだろうな、て本気で思っていました。
(感じるけれど逝けないのは不感症だろうと思い込んでいた。
 ネットもスマホも無く、情報が皆無だったので。)


エッチして一応気持ち良くはなっていたので。

それは不感症ではない、と。
男が下手だっただけで
いいエッチをしてこなかっただけ、と。
残念なエッチしかしてなかったんやな、と。
ご主人様に言われてから、安心(?)することができました。


(いいエッチ、残念なエッチの件は、
また後ほど回収するとして。。。)


サヤカの身体を初めて触ったご主人様の感想が
「すごい敏感やな」だったので
(腕とか背中です)


私も逝くことは出来るのかな、と
ご主人様とならそれが叶うのかもしれないと
期待に胸を弾ませたのを覚えています。


そこから、ご主人様による
サヤカ開発が始まりました。
それは、1年半経った今も継続中です。
ここまで狂える様に開発するのは
それはそれは大変だったとご主人様が言っています(笑)


1年半、毎日触り続け
一日に数時間は触り続け
ご主人様はサヤカを逝ける身体にしてくれたのです。


それでも、ご主人様の理想にはまだまだ届きません。
もっともっと成長することを約束しています。


クリでもおま〇こでも
逝ける様にはなったサヤカですが。


毎度同じ感度ではないし
コンディションによっては、ほぼ感じないときもある。
全く濡れないときもあれば
気分が乗らないこともままあるのです。
(稀に、ごくわずかですがまれ~にあるのです。)


それを、ご主人様は良しとしてはくれません。
常に準備万端でいつでも発情している女に
サヤカを仕立て上げたいのです。


サヤカが目指すのは、ご主人様の理想の女。
まだまだ理想には程遠いと感じています。
全身どこででも逝ける女がいいそうです。
エロ満開な女になって欲しいそう。


逝ける様にはなったけれど、
いつでも逝き狂えるわけではない。
いつも感じている部分が、感じない日があったりすると
恐ろしく不安になるのです。


あんなに時間を掛けて開発してくれたのに
なんでこんなに感じなくなってしまったんだろうと。
ご主人様に申し訳ない思いでいっぱいになります。


おま〇こがまるで役に立たなくなるときがあるのです。
気持ち良くなるどころか
鈍痛で触られるのが少し億劫になることすらあるのです。
そんなのは許されるわけがなく。


ご主人様の楽しみは、癒しは、
サヤカを狂わせることなのに。
それが叶わなくなったら、と考えると恐怖なのです。


いつも、気持ち良くなれないと
サヤカは不安になります。
もしかしたら、開発前の身体に戻ってしまったんじゃないかと。


ご主人様に責められながらも
泣きそうになりながら訴えるのです。
「逝けなくなったんじゃないの?
 不感症になってない??」


それにいつも笑って
「んなわけないやろ、
サヤカの身体は俺がコントロールしてるんやで。
安心して委ねなさい。
身を任せなさい。いつでも逝かせられるから。」
と言ってくれるご主人様。


ご主人様には、演技は不要です。
おま〇こが全てを語るみたいです。
サヤカの鈍感のほとんどは
生理前。ていうしょうもないオチなんですけどね。


定期的に、また不感症かな?て極度に怯えてしまう。
それほど、感じなくなっちゃうことが怖いサヤカです。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/18 編集部Pick up!!

  1. 誤爆LINEした彼を信用できない
  2. ママ友の発言にドン引きした
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3