ブログランキング33

あの頃の私と彼…の物語

高校からの私の不器用な恋愛を綴ってます(୨୧•͈ᴗ•͈)◞︎高校編→大学編へ

  • 記事数 279
  • 読者 488
  • 昨日のアクセス数 4828

256.二人だけで祝おう①

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2017/10/07 17:39:45

  • 76
  • 0

数メートル先のリクに
ゆっくり近いて行くとリクは私に

「お母さんに電話か?」

「うん!リクにヨロシクって
また、二人で来てなって言ってたよ♬」


「うん行こな♬」
そう言いながら私の手を握り


「紗絵?今から二人だけで祝おうか?
俺が考えたプランがあるねん♬
紗絵ちゃん付き合ってくれるか?♡」


「まだ、お楽しみがあるん?✨
うん!行く♡」


私の髪を触りながらリクは

「今日の紗絵
めっちゃベッピンさんやな♡
その服もよう似おてるで?」と褒めてくれ


私も照れながら

「…うん、折角やしな…
おめかししてんよ(///∇︎///)ありがとう」


「ほな、皆んなに挨拶して行こか♬」

「うん(๑˃̵ᴗ˂̵)」


そして、皆んなにお礼を言いに会場へ

タカコは、ハグをしながら
私の耳元で

「今日は、紗絵お姫様気分で芹沢君に
甘えておいで?おめでとうまたね♬」と

言ってくれた✨


リクと手を繋ぎ
会場を後にして二人で向かった先は。。。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/20 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3