ブログランキング65

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1671
  • 読者 2421
  • 昨日のアクセス数 2919

小説)41禁断の扉

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/10/06 23:15:41

  • 110
  • 0

ああ……そうか……

自分の言葉で気がついてしまった。

彼を汚してしまう……

私は彼を……

「……好き……」
彼の目が大きく見開かれた。彼の頬を両手で包む。
「ああ……俺もだ……」
私の頬を彼の手が包む。
「忘れさせてやるから……」
「……うん」
深く強い口づけ。舌と舌がいとおしく、繋がり絡み、耳に聞こえる甘美に満ちた音。呼吸を忘れ、ただひたすら、彼の舌を追いかけた。

「全部舐めてやるからな……」
私の体を軽く押す。ベットに沈む。私の両足を広げ、ソコに彼の顔が近づいた。恥ずかしいよりも、なんとも言えない感覚が、背中を這い上がってくる。ソコを彼が開く。
「少し赤いな……」
「は…ぁぁ…」
ヌルリとした感触に、声が漏れた。静かな部屋に響く水音。ソコを優しく丹念に舐めていく彼の舌。昨日の痛みが消え、私を心地よい快楽へ誘う。

「うまいよ、京子……」
丁寧に私をいたわるように、彼の舌はソコを愛撫し続けた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「ああ…くっ…いいねぇ……どれだけ濡れてるの?奥まで入れると...

  2. 今日もまた、終わらない夜が始まる…。...

  1. 布団に横になると、すぐに彼の体が重なる。唇が軽く触れるように...

  2. モリヤくんは、私の唇をチュウウウッと激しく吸ったかと思うと、...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/24 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3