ブログランキング7

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2947
  • 読者 703
  • 昨日のアクセス数 32222

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/08 16:10:47

  • 72
  • 0

「…あれ、どうしたのかな。」

「…さあ…」

あたしがロビーのベンチに座ってる知花を指差して言うと、光史は首を傾げて手すりにもたれた。

「おかしいな…元気になったと思ってたのに。」

「やっぱアレかしら…」

「アレ?」

「Angel's Voiceよ。」

「…撮影ぐらいで?」

「んー…あたしとか瞳さんは何でもないけど、知花だからねえ…」

「…ああ…なるほど…」

あたしも光史と同じように手すりにもたれて、溜息をついてる知花を見る。

今も神さんを大好きでたまんない知花は、ちょっとした事で自信を失くす。

それはもう…ほんと…考え過ぎよ!!って怒鳴りたくなるぐらいのレベルで。


「最近浮き沈み激しいよな。」

「更年期かな。」

「まだ早くないか?」

「そうでもないわよ。」

「おまえは?」

「迎えないつもり。」

「ははっ。」


明日サクちゃんが帰って来る。

だからもっと元気でいてもおかしくないんだけどなあ。


「何かこう…知花が元気になるような事でも起きないかな。」

あたしがそう言うと。

「んー…ここんとこ、知花が一番喜んでたのって…」

光史は天井を見上げて考えて。

「…ダリアパフェ…」

目を細めて小さく言った。

「一度食べると、しばらくいいわよね…」

「だな。後は…やっぱ、アレだな。」

「アレ?」

「孫だよ。」

「……それだ。」

あたしと光史には孫がいる。

昔はまさか40代で孫が出来るなんて思いもしなかったけど…

『おじいちゃん、おばあちゃん』なんてのは、60過ぎてなるものなんだって(あたしのばあちゃん、若いけど)勝手に思ってたけど…

「あっ、最新の晴季(はるき)見る?」

「おお。見せてくれ。」

あたしはスマホを取り出して、七月末に生まれたばかりの晴季の写真を開いた。

「おー、こりゃ男前になるな。」

「でしょ?ちょっと京介に似てるから、麻里子と円には人見知りした京介も、晴季は大丈夫みたい。」

「…孫にも人見知りって…京介さん、どれだけ…」

あたしには孫がいる。

彰と佳苗(まこちゃんちの長女)の長女麻里子と、長男晴季。

そして、音と園ちゃん(センちの次男)の長女円(まどか)の三人。

SHE'S-HE'S、7人中4人は孫持ちという…

最初自分がおばあちゃんになるんだって考えると、泣きたい気持ちもなくはなかった。

だって、すごくお年寄りってイメージが…

だけど佳苗と音のお腹が大きくなるにつれて、ワクワクが止まらなくて。

さらには生まれると、可愛くてたまらなくて。

自分から『おばあちゃんよ~』なんて言って、佳苗が『おばあちゃんって呼ばせたくないです』って言い張ったぐらい。

でも、呼び方なんてどうでも良くなるのよ実際。

それぐらい、可愛くて仕方ない。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/19 編集部Pick up!!

  1. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  2. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  3. 3年も不倫続ける姉を説得したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3