ブログランキング8

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2930
  • 読者 699
  • 昨日のアクセス数 31546

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/08 10:35:51

  • 80
  • 0

それから…

知花はいつも通りだったり、また少し冷たいなと感じさせたり…

日によって違った。

だが一緒に風呂に入れば笑いながらその日の事も話すし、何の心配もないように思えた。

やがて、咲華が旅立って一ヶ月が経とうとして。

俺は…その事が頭から離れなくなった。

咲華は…ちゃんと連絡して来るのか。

その場合、俺にもそれは来るのか。

それとも、誰かだけに来るのか。


「…そわそわしてる?」

風呂で、知花が俺を振り返った。

「…なぜ。」

「…何となく。」

「……」

こいつ…分かってるクセに、聞きやがったな?

ああ。

そわそわしてるさ。

こんなに一ヶ月が長いと感じる事はなかったが…

今となっては、心の準備のためにもう少しあっても良かった気もする。

…何だって俺は…

娘にビクビクしてんだ?


「あー、あちー。」

風呂から出て大部屋に行くと。

「父さん、お姉ちゃんからメール来たよ。」

華月が嬉しそうにそう言った。

「…そうか。」

見ると、華音も聖もスマホを手にしている。

…ちゃんとみんなにメールをしたのか…

「……」

俺にもそれは来てるのか?

ドキドキしながら、さりげなく…なつもりでスマホを手にする。

…来てる。

『咲華です。元気です。心配かけてごめんなさい。旅立たせてくれて、ありがとう。週末に帰ります』

「……」

メールの文章はいいとして…

宛先に…七人の名前。

顔を上げると、みんなが俺を見てた。

「…ま、咲華らしーよな。一括送信。」

華音が苦笑いをしながら、フォローのつもりで言ったんだろうが…

「…義母さん達にも一括送信か。」

渡米を後押ししてくれた義母さん達にも一括送信とは…

どこの恩知らずだ?

俺が少しイライラし始めると。

「えー?咲華からメール?ちゃんと覚えてたのね。ちょうど一ヶ月だもんね。」

ちゃんと髪の毛を乾かした知花が大部屋に入って、スマホを手にした。

「お土産頼んじゃおうっと。」

…俺とは正反対に、嬉しそうだ。

おまえ、一ヶ月の間…イライラしたりモヤモヤしたりしなかったのかよ。

当初里中から聞いた話とは、酷く違う気がするぞ。


「千里、返信した?」

「…別にいーだろ。」

「どうして?待ってたんじゃないの?」

「…おまえが返信したなら、俺はいい。ビール。」

「…はいはい…」

…はいはい?

おまえ、めんどくさそうに言ったな?

俺は首だけ振り返って知花を見る。

知花は冷蔵庫の前に立つと。

「ビール飲む人ー。」

振り返ってみんなに聞いた。

…ほんのり、笑顔で。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/18 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3