ブログランキング21

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1115
  • 読者 528
  • 昨日のアクセス数 10736

テーマ:小説 > 男女関係

2017/10/05 14:35:06

  • 25
  • 0

「松田さーんっ!予約のお客様なんですけど♡」

「なっちゃん、今度のイベントの打ち合わせしよっか」

「日向くん♡こないだの試作品のドリンク美味しかったぁ♡」


……どいつもこいつも、そこら中でイチャイチャと。

うちの店の……不倫カップルの多い事といったら。



飲食業で働く人は……と一括りにしていいのか分からないけど。
少なくともうちの店では、恋愛に関して柔軟な考えの人が多いと思う。

それは夜遅くまで働いていて、家庭に長く滞在しないが故に開放的になりやすいのか。
お酒を飲む機会が多くその勢いが手伝って、の事なのか。
それとも接客業という人と絡む仕事だからなのか……。


正直、最後のは分かる部分もある。
あたしだって客に気に入ってもらってまた来てもらう為に、安くて薄っぺらい愛想を振りまく。

……でも、それはあくまで愛想であって愛情ではない。


彼等は、簡単に其処に愛情を込めてしまう。
あたしの持つ体だけの割り切った関係とは違って、愛情を込めた関係。

それが偽物なのか、本物の愛情をたくさん持っているのかは分からないけど。



「木山さん、これイベントのフライヤー出来ました!」
「おっ!かっけーじゃん!ありがとー!早速この辺に置きに行こ!」

木山……キンちゃんが、フライヤーを持つなっちゃんの頭を撫でて。
嬉しそうな蕩けそうな表情で見上げるなっちゃん。

「華ちゃん!しばらく俺となっちゃん店開けるねー!」
「りょーかい!いってらー!」


……その関係を、上手く処理出来ない人種だって居るでしょうに。



彼等の恋はきっと、黒一色。
黒色ばかりを塗り重ねて、夜の様に真っ黒なのだ。

其れが夜に見る夢の様に、朝になれば消えてしまう物だと思えれば……楽なのかもしれない。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/21 編集部Pick up!!

  1. 誤爆LINEした彼を信用できない
  2. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  3. 3年も不倫続ける姉を説得したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3