ブログランキング32

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3862
  • 読者 794
  • 昨日のアクセス数 4958

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/07 11:28:23

  • 88
  • 0

「紅美ちゃんと付き合ってるって言った時、お姉ちゃんはなんて?」

華月がノン君に問いかけると。

「…おめでとうってさ。」

ノン君は少しバツが悪そうに答えた。

「あ~…お姉ちゃんの気持ちを思うと、痛い。お兄ちゃん痛すぎる。」

華月の言いぐさに笑ってしまった。

ノン君は片想いが成就しただけなのに…酷い言われようだ。


「うっせーな。もとはと言えば、あいつが別れたってすぐ言わねーからだ。」

「双子なのに気付かなかったの?お姉ちゃんの様子がおかしいとかさあ。」

「それどころじゃなく浮かれてたからな。」

「もうっ。」

「おまえだって今日まで何も気付かなかったじゃねーかよ。」

「あたしはお姉ちゃんと双子じゃないもんっ。」

「まあまあまあまあ…」

ノン君と華月の言い合いなんて珍しくて、つい眺めてたけど…

さすがに二人とも目が細くなって来たから…間に入った。

「咲華がノン君の幸せを喜ばないわけないよ。時期は悪かったけど、おめでとうは本心だろ。」

俺がそう言うと。

「……………ぷはっ。時期は悪かったけど、は余計だな。」

ノン君は麦茶を一気飲みした後、低い声でそう言った。


「…ところで、俺、飯食ってないんだけど。」

二人にそう言うと、ノン君が無言で麦茶を入れて、華月がシュークリームを差し出した。

「……」

とりあえず差し出された物を食って。

足りるわけねーし。と思って大部屋に降りようとすると…

♪♪♪

メールが来た。

『聖、今日もお疲れ様。近い内にうちに来ない?たまには三人でご飯でも食べよう?』

母さんからだった。


複雑な関係図の桐生院家。

俺も本当なら…親と一緒にマンションに住めばいいのかもだけど…

ここで生まれ育ったし。

高原のおっちゃんを『父さん』と呼び始めて、より…桐生院の父さんの事を身近に感じるようになった。

だから…ここに居たかった。

…ま、あの二人には離れて居た間の分も、遅い新婚気分を十分味わってもらえばいいや。


「誰から?」

華月が目を細めて問いかける。

泉と別れた事、深くは聞いて来ないけど…納得もしてねーだろうからな。


「母さん。たまには三人で飯食おうって。」

母さんは…毎晩メールをくれる。

俺はそれに返事をしたりしなかったり…

…色々複雑なんだよ、俺も。


「ばーちゃん達、いつこっちに帰ってくんのかな。」

ノン君が麦茶ポットを持って立ち上がった。

「…どーかな。帰る気なんて、あんのかな。」

階段を下りながらつぶやくと。

「なんだ。反抗期か?」

ノン君が俺の頭をパコンと叩いて笑った。


…複雑なんだってば。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 48th 22

    10/06

    「千里さん、どうだった?」親父の様子を見に行って大部屋に...

  2. ギクシャクしながらもメールや電話でのやり取りは続いていた。...

  1. 2014/12/20

    絶望が君を押しつぶし悲しみに打ちひしがれ暗夜に彷徨い行...

  2. 50th 15

    10/21

    11月16日 朝5二階堂紅美「…………」あたし...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 「孫依存」の母に振り回される

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3