ブログランキング47

大好きなご主人様とのエロな日常

ご主人様からの愛を一身に受け、ただただ毎日エッチしているだけです。

  • 記事数 86
  • 読者 161
  • 昨日のアクセス数 4662

フェチ追究(視姦)

しおりをはさむ

2017/10/05 12:58:33

  • 3

つづきです。


「サヤカは露出で割と興奮する生き物」

だと思っていたご主人様と自分自身。

でも、なんだか全然萌えない。てことが分かった。

何がダメなんだ??


写真撮られたときも

なんでこの萌えないのを撮る?

て思って冷めちゃって。

そもそも、写真撮られるのは好きじゃない。

(だってぇ~
 ご主人様は、誰のんでもええねんもんっ!
 サヤカのだけなら、サヤカも興奮しますがねぇ!)


はっ、つい興奮しちゃった(笑)

嫉妬はさておき。

トラックが通ったときも

別に後ろ姿だし大丈夫。(お尻は見られたけどね)って。

顔見られてないし、向こうの反応も見てないし、て。

割とサッパリした反応しか出来なかった。

恥ずかしさが欠如してるなぁって。


帰りの道中、ご主人様に

「さっきのトラックに乗ってたおじさんたちに

 その辺で会ったりしてなぁ~。サヤカどうする?」

て意地悪で言われた。

「余裕で笑顔で手を振る❤」て答えた。

「ほんまにやるやろうな、サヤカなら。」て呆れられちゃった(笑)

本当にそれくらい出来ちゃう女なんですよ。

なんで恥ずかしくないんだろうと考えた。


この、トラックが通るというハプニング自体は楽しかった。

それまでの、安穏とした雰囲気
(普通の人ならそう感じるのは無理だろうけど)が

ガラッと変わって、緊張感が生まれた。

これで腑に落ちた。

こんなに山奥、誰も通らないんだ、と思って緩んでた。

だから、楽しくなかったんだ。

裸だけど、どうせ見られないんだからって。

でも、見られる危険性はあるんだなぁって分かって楽しくなった。

でも、今回は興奮したわけじゃない。

それは、サヤカがトラックに乗ってる人を認識出来なかったからかな。

刺激は必要不可欠なんでしょうねぇ。

それも、高確率で見られるかもって前提で。

それも、サヤカがその相手を認識しなきゃいけない。


「サヤカには愛があるから、鬼畜になりきれない。」

とも言ってくれているご主人様なので、

あんまりギリギリ路線は狙えないのかもしれない。

ご主人様も葛藤しながらの露出プレイだったのかもなぁ。

どこまでしてもいいものか、と。

サヤカのために

愛と欲望の間で渦巻いてくれてるのかと思うと、興奮します❤


サヤカのこの見られたい願望ではない欲望は

見せたい願望なのかな?

もう少し追究が必要な課題。


何でも、過去から学んで成長させたいのです

ご主人様のために!という名目の自分のために(笑)

「サヤカが楽しけりゃ何でもええねん」

ご主人様のお言葉がサヤカを探求させるのです❤

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/19 編集部Pick up!!

  1. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. 3年も不倫続ける姉を説得したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3