狂っているのは私か?時代か?

わたしは誰ですか。episode3から始まる回顧録。

  • 記事数 9
  • 読者 2
  • 昨日のアクセス数 4

episode3-3 サイコパスとの出会い 前夜

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/10/05 08:38:25

  • 0
  • 0

『は…あぁ…』

気持ちよくもないのに
大袈裟になりすぎない程度に
吐息を吐く。

はなから大声であんあん叫ぶ女に男は興醒めする。
少しずつボリュームをあげていかなければならない。

わたしの上にうつ伏せて腰を振る男の顔の横から見あげるラブホテルの高級にみせかけた安っぽい内装がわたしに似てるなとおもう。

高級ぶってるけど中身はからっぽなんだ。

でも、それでいい。
中身なんてあってもなくても今の私には関係ない。

その当時のわたしは6年間付き合って結婚を考えていた男と別れたばかりだった。

あの6年間はなんだったんだろう。
青春も処女も、時間も、全てを捧げたのに、あっけなく終わった恋愛。

許し続けた果てにわたしは許されなかった。
許されなかったことが許せずに
その6年ごと捨てた。

捨てることはあんなにも簡単。
でも、捨てたものに関する記憶は一緒には捨てられない。

彼氏持ちの自分を捨てただけ。

そんな時に出会った仕事が水商売だった。
何かをお金で埋めるため、空白を何かで塗りつぶすために毎日働いた。

でも、それは空白をまた空白色のペンキで塗るだけの虚無な作業だった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 何回も金曜の堺さんとの2人焼肉を思い返してる。ほんと...

  2. ちょっと人様の恋愛ブログを読んでたら、なんだか切なくなった。...

  1. わたしの中の静と動穏やかな さざ波のように人を慈し...

  2. 7

    2016/08/27

    だったら何だと言うのか。なぜわたしとアオがこんな男に絡まれな...

    蒼い風

    • 28
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/21 編集部Pick up!!

  1. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3