ブログランキング30

咲夜のブログ

快楽責めメインの妄想小説。夜のお供にどうぞ。R-18 閲覧注意(触手、尿道責め等)

  • 記事数 227
  • 読者 536
  • 昨日のアクセス数 8480

私の中のSとM 7

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/10/06 01:16:58

  • 27
  • 0

陽向に触れられると、私が私じゃなくなってしまう。


こんなの今までの私じゃ有り得ない。


セックスの最中にイニシアチブを取られてるなんて…。


こんな…、こんなにセックスが気持ち良いなんて、知らなかった。


陽向の唇や舌、指に触れられるとその場所から熱くなってきて、それは全身に拡がっていく。


陽向の大きな手で、胸をやわやわと揉まれると、それはとても心地よくて。


今までの男たちが、どれほど自分の欲を満たすためだけに、わたしの胸を鷲掴みにして来ていたかが、よく分かった。


こんなに私の身体を大切に扱ってくれたヒトは、いない。


とても優しいのに、時にとても意地悪に私を追い詰める。


決してソフトで優しいだけじゃない陽向の愛撫は、私を充分に溺れさせ、翻弄していく。


いつの間にか、私は陽向に胸を弄られてるだけで、昇り詰めようとしていた。


「紫央李? 胸だけでイキそうなの? ふっ…、ホントど淫乱だなぁ…」


時々、陽向の口から発せられる意地悪な言葉に、私は羞恥心を煽られ、それがまた私をより興奮させる。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/18 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 誤爆LINEした彼を信用できない
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3