一生忘れることのできない恋

前回のブログ、誤って削除してしまいました。また私を探してくれた皆様に感謝です!

  • 記事数 493
  • 読者 1791
  • 昨日のアクセス数 264

2017/10/07 09:57:11

  • 327
  • 2

軽くお酒を飲みながら
普通に話をする私たち笑。










あれ、私たちどーゆー状態だっけ笑?
あの駅でのこと……夢だったっけ?と

思わず突っ込んでしまいたくなるくらい
フツーすぎるんだけど。










あの日があったから
また私たちは会ってるわけで……













HIROはなんとも思ってないのかな。

気になってないのかな。









不安になる。


























ユウタと別れたときにはまだ
蕾だった桜がポツポツ咲いていて。







居酒屋を出てから、近くの桜並木を
二人で歩いた。






住宅街のなかで、人影もまばらで。










……言わなくちゃ。















もう昔と同じことを繰り返したくない。


















HIROの彼女になりたいから……

『HIRO……』


『ん?』




私が立ち止まったら
HIROも立ち止まってくれた。





『私……彼氏と別れたよ。』








HIROをまっすぐ見て
言った。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ミユさん(21歳)ID:6611545・10/08

    リノさん
    きっとそうでしょうね笑。
    彼の場合、感情が顔に出にくいので……さらに、ですね😅

  2. リノさん(39歳)ID:6611245・10/07

    ヒロさん、フツーを装ってただけだよね?(//∇//)
    ドキドキ❤︎

関連するブログ記事

  1. ミユと待ち合わせしている時間が迫る。話の内容...

  2. 今一人暮らししている部屋に昔同棲していた彼氏がいて彼氏の...

  1. 楽しい時間は、会っと言う間にすぎ、アルの門限の時間が近づいて...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/25 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 仕事に行くフリして働かない夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3