ブログランキング43

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2370
  • 読者 571
  • 昨日のアクセス数 6035

すれ違う心《389》

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2017/10/04 16:45:24

  • 48
  • 0

☆ボクはそれでも恋をする☆       





ちょっと気まずい雰囲気が流れる。

リキとの事を話していないカオルと、
もしかすると、リキの事を解決してくれ
たのではと思っているタクミ。

ケガがリキの事でできたバレたら、
タクミが悲しむと思っているカオルと、
カオルを信じて待っていたのに、信じ
きれずに、ケガを疑っているタクミ。

すれ違う思いが、2人のバランスを
崩す爆弾の導火線に火を付けそうだった。


「カオルさん、あのね…」

「タクミ、あのな…」


同時に口を開き、更に気まずくなる。


「カオルさん、どうぞ」

「いや、今日はお前の話を聞くはずだから」

「ボクは後でいいよ」

「……」


カオルは雰囲気をリセットするように、
コーヒーを飲んだ。


「タクミは卒業後、どうするのか決めたのか?」


質問することで、タクミの話を促す。


「その事なんだけどね…」


タクミは部屋からもってきた資料を見せ
ながら、ダイスケの美容室「LUCIA」に
業務提携を頼むことを伝えた。


「へぇ、ダイスケさんの所にね」

「断られてもいいから、もっとしっかりした
案ができたら、ガクさんと行ってみるつも
りなんだ」

「それはいいじゃないのか。しかし、お前
通信教育で美容師の免許ってとれるのか?
ここに書いてる…」


タクミはボランティアとしてダイスケに
同行するだけでなく、美容の仕事もでき
るよう、免許をとるつもりだった。


「大丈夫だよ。生前、タクマさんにも言わ
れたんだ。美容師の免許取れよって」

「そうだったのか」


カオルは感慨深げに、2~3度頷く。


「通信教育だと美容室で働きながらの方が
合格率あがるから。合格してからも、すぐ
実務につけるし」


タクミはガクと作った資料をパン!と
叩き、カオルを見上げる。






〇(o^―^o)ニコ

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/17 編集部Pick up!!

  1. 未婚なら複数交際するのはありか
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 3年も不倫続ける姉を説得したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3