guilty lovers

梨沙子と裕紀のお話。

  • 記事数 397
  • 読者 661
  • 昨日のアクセス数 1574

テーマ:小説 > 男女関係

2017/10/03 18:15:44

  • 122
  • 0

私はその夜、
布団の中で返事を書いた。


『聡くん、LINE読みました。

聡くんが言ってくれた言葉は
とても前向きで、
そう言ってもらえることを
嬉しく思いました。

でも、今の私には聡くんと
もう一度やり直すつもりはありません。
率直に言うと、離婚したいです。

私たちがすれ違った原因は
聡くんだけでなく、
私にもあることは承知してるけど、
ここまですれ違ってしまった今、
時間をかけて修復していくことは
私にはできません。
ごめんなさい。

離婚届を書いて送るので、
聡くんが書いたら返信してください。』


これを読んだら
聡くんはどんな反応をするのだろう。


怒る?


悲しむ?


それとも意外とあっさり
受け入れてくれる?


とりあえず、
優香の家にいることも、
このマンションの場所も
聡くんは知らないはずだから、
ここへ押しかけて来ることはないはずだ。


だから、いくら逆上されても
力で押さえ込まれる心配はない。


それでも、送信をタップするのに
躊躇いがあった。


これを押したあとの未来が
全く想像できず、
漠然とした不安に鼓動が速くなる。


ほんの数時間前までは
夫からの申し出に応える気でいたくせに、
優香から離婚という選択肢を与えられて
あっという間にその気になった。


変わり身の早さには
我ながら驚くが、
きっとそれが自分の本心なのだ。


押そう。


私は心を決めて、
そっと送信をタップした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/20 編集部Pick up!!

  1. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  2. 誤爆LINEした彼を信用できない
  3. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3