アヤノのフィクションROOM

再開m(._.)m 不定期ですが少しずつ(*^^*)

  • 記事数 788
  • 読者 376
  • 昨日のアクセス数 960

壊れた心88

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/04 21:35:20

  • 43
  • 0

🌷




ダイさんが向かった場所

車で30分くらい走ったのかな?


潮の香りが漂う

海浜公園


駐車場に車を止めて

公園の中に入っていった


子供達が喜びそうな遊具が沢山\(^o^)/

その中に子供の頃に

秘密基地にするような土管があった


でも大人になった今

中に入る勇気はない(^_^;)


土管の上に二人並んで座った


目線の先には

大きな海が見える


「波の音って何で癒されるんだろう?
真っ黒な心が真っ白になるみたい(*´`*)」

ダイ
「何でだろうな・・・

ユウカ・・・今日はありがとう。
嬉しかった。

あっちで慣れるまでは大変だろうけど
俺はユウカを離したりしない。

二人で乗り越えていこうな(*^_^*)


ユウカ・・・こっち見て?」


私は体ごとダイさんに向けた


「ん?」

ダイ
「こんな俺だけど・・・

ユウカを愛してる・・・

ユウカがいれば何も要らない・・・



・・・俺と・・・結婚してください❗」


私の目の前には綺麗なスカイブルーの
四角い箱が差し出された

ダイさんが箱を開けると

中にはキラキラと輝く指輪だった









🌷

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 🌷「綺麗だねー✨」ダイ「マジでな❗こんな海...

  2. 🌷ダイさんはいつの間にか自身に着けていて...

  1. 🌷いつの間に準備していたのだろう?今回の...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3