ブログランキング34

咲夜のブログ

快楽責めメインの妄想小説。夜のお供にどうぞ。R-18 閲覧注意(触手、尿道責め等)

  • 記事数 230
  • 読者 547
  • 昨日のアクセス数 7471

私の中のSとM 3

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/10/02 23:34:04

  • 27
  • 0

その日、名前が一緒とか盛り上がるネタ満載の私たちは、当然の様に店を出てからも一緒に過ごした。


朝まで。


酔っ払ってたけど、陽向は、とても優しく丁寧に私を抱いてくれた。


優しく浅いキスから始まって、深く激しく舌を絡ませるキスから、顔中、身体中にキスを落として、私を隅々まで愛してくれた。


手の指、足の指の一本一本まで舐め尽くされて、彼の舌が一番感じる所に辿り着く頃には、すっかり私の身体は蕩けきってしまって、早くソコに彼の舌を感じたくて、きっとヒクヒクと待ち侘びていた。


その証拠に、彼の舌がソコに触れた途端に、私は呆れるほど簡単にイッてしまった。


彼は、そんな事にお構いなく、それからも丁寧にその場所を舐め尽くして、私はその日、彼自身が入ってくるまでに、既に何回もイカされてしまった。


舐められるだけでイカされ、指を入れられイカされ、指で刺激されながら、更にまた舐められてイカされた。


挿入する前に、こんなにもイカされたのは初めてで、
彼自身が入って来た時には、もう記憶も無くなる程にイキまくってた。


ただただ気持ち良くて、頭の中は「気持ち良い」って言葉だけがグルグル回ってて、私の中は、「気持ち良い」しかなかった。


彼が私の奥を突く度に、私の口からは声が溢れて止まらない。


私は、上から下から前から後ろから、彼に突かれて獣の様に叫び声を上げていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/22 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 不在時に来た子供が発作起こした
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3