ブログランキング94

♡咲夜の小部屋♡R18♡

快楽責めメインの妄想小説。自己責任でネ♬ 『独り遊び 』終わりました。

  • 記事数 466
  • 読者 841
  • 昨日のアクセス数 2221

私の中のSとM 2

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/10/02 19:45:12

  • 32
  • 0

一瞬、時間が止まったかと思った。


とてもとても優しい笑顔で私に微笑みかけてくれたヒト。


「ホントにゴメンね。 ちゃんと拭けた? シミとかにならない?」


「あ…、は、はい、大丈夫です。 帰ってから洗えば落ちますから。」


「そう? なら良かった…。 でも、そんなにビックリすると思わなかったよ。 驚かせてゴメンね。」


彼は、そう言って自然に私の隣に腰を下ろし、さり気なく話しかけてきた。


いつもの私なら、こんなに簡単に隣に座らせたりしないし、話が弾んだりもしない。


なのに、この日は、この男(ひと)は、いつもと違って、スルリと私の心の中にまで入り込んでしまった。


いつの間にか、2人で楽しく飲んで笑っていた。


彼の名前は、仙堂 陽向(せんどう ひなた)。


名前の通り、太陽の様に明るい笑顔の青年だ。


そして…


「で、君の名前は? なんて呼んだら良い?」


「あ…、私は…、雛田 紫央李(ひなた しおり)と言います。」


「えっ? ひなたさんなの? 俺の名前と一緒じゃん!! えーっ? すっごい奇遇だなー。 もう、これって運命だー。」


そう…、彼の名前を聞いた時にまさに、私も思ってしまった…。


苗字と名前と言う違いこそあれ、同じ名前だなんて…。


コレって、運命??


で、もしも、結婚したら、同じ名前じゃなくなっちゃう…。







・・・酔ってるな、私。


うん、ちょっと酔いを覚ました方が良いな…。うん。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 953。

    2016/07/01

    気になる事があると、人ってボーッとしてしまう。萩原「ど...

    流転

    • 254
    • 12
  2. あのハンサムな男の子が私に気付いて近付いて来た。"Hiya...

  1. 蒼い日々 2

    2017/07/02

    彼の名は琢磨(たくま)と言うそうだ。以前、この店でアル...

  2. 110.

    2017/06/13

    こんな日だから、もしかしたら‥って覚悟を決めていたもしも...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/19 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 友人の子供を注意してもいいか
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3