ブログランキング20

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3360
  • 読者 725
  • 昨日のアクセス数 10387

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/04 15:34:38

  • 100
  • 0

「まったくおまえは…」

俺が額に手を当てて言うと。

「ごめん…でも、さすがに本人達より先にバラすわけにはいかないからさあ?」

沙都は出来るだけ小さくなろうとでもしているのか、肩をすぼめて首だけを前に落とした。


沙都が帰国するのは知ってたが…今日だとは知らなかった。

しかも桐生院家に『帰って来た』ってのはどうだ?

おまえは、うちの子じゃないのか?ん?


話を聞くと、どうも…マネージャーの曽根君共々、海君とサクちゃんの成り行きを見届けに来たらしい。

「おめでたい事だしさ…サプライズって事に…」

沙都はそう言って曽根君と頷き合ってるが…

「神さんの気持ちを思うと、サプライズで済まされない。」

俺は二人にピシャリ。

「…ごめんなさい…」

「すいません…」

俺に叱られた二人はさらに小さくなった。

ああ…全く…

それでなくても、今…俺は神さんに隠し事があって、顔が見辛いのに…

…俺『達』は、か…。


「でも、みんなが心配してるサクちゃんの元婚約者の事も、ちゃんと丸く収まってるし…いいような気がするんだけどなあ…」

ぶつぶつと唇を尖らせる曽根君。

「丸く収まってる?」

「ええ。あの男前、ニカの妹と付き合い始めたし。」

「……」

曽根君の言葉を頭の中で復唱した。

ニカの妹と付き合い始めたし。

ニカ…

それはきっと、海君の事だろう。

二階堂のニカ。

華音の事を『キリ』って呼んでたのを聞いたし…きっとそうだ。

えーと…

ニカの妹って事は…

空ちゃんと泉ちゃん。

空ちゃんは…渉と結婚してるから…

「…泉ちゃんと?」

眉間にしわが入ったかもしれない。

でも、泉ちゃんは確か…


視線だけで探したが…どうもここにはいない。

大部屋か。

…しかし泉ちゃんと彼もまた…別れていてもおかしくはない。

社長に就任してからの彼…聖君は、多忙過ぎる。

たまに息抜きだ。って詩生が連れ出してるだの華音が飲みに誘っただのって噂は聞くが、新聞でその名前を見ない日はないほど、国内に留まらず海外にも出向いて仕事をこなしている。

…桐生院の親父さんが残した物を、守り抜く意志の強さが見える。

そんな中で…泉ちゃんと付き合っていくのは難しいかもしれない。

彼女もまた、仕事に誇りを持っている二階堂の一人だ。

空ちゃんが渉と結婚して一線を退いてからは特に…そう聞いている。


「…父さん。」

「ん?」

「僕、向こうで海君とサクちゃんの幸せぶりを目の当たりにして…自分の中にも変化があったよ。」

沙都が、らしくない事を言った気がした。

…これが変化なのかな。

「どんな変化だ?」

目の前の空いたグラスにビールを注ぐ。

「誰かを幸せにするって…自分も幸せになりたいって思わなきゃダメなんだなって。」

「……」

「僕、今までは好きな人が幸せならいいやって思ってたけど…それじゃ釣り合わないよね。相手の幸せがあって自分の幸せがあるんじゃなくて、自分の幸せを相手に分けてあげる事も必要じゃん?」

「…そうだな。」

瑠歌が聞いたら、『誰がそんな事言ったの?』って言いそうだ。

沙都は誰からも愛されるタイプで、いつも笑顔で…朝霧家では癒しの存在だ。

そんな沙都だからこそ…今までは誰かの幸せを願い、自分は今のままでいいと思っていたのかもしれないが…

「海君が幸せになりたいってハッキリ言ったの聞いて…カッコいいなって思ったんだ。今まではそういうのって、貪欲過ぎる気がして、相手にだけ押し付けてた気がする。」

「……」

俺はグラスを沙都に渡すと。

「おまえにも、そういう相手が出来るといいな。」

乾杯をした。

「俺にも乾杯してくださいよ~。」

沙都の隣で小さくなったままの曽根君がそう言って。

「曽根さんも何かいい事言わなきゃ乾杯しないよ?」

沙都が茶化す。

「えー。俺は毎日割とハッピーだから、幸せについて考えた事もないよ。」

「……」

曽根君の言葉に、沙都は眉を下げたが…俺は…

「……曽根君、沙都がお世話になるね。これからも宜しく。」

「あざーす!!」

曽根君とグラスを合わせた。


ちょっと変わった子だが…

毎日割とハッピーな曽根君となら…

沙都も、まだまだ頑張れそうだな…。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 35th 21

    07/25

    デビューが決まった。そうなると…あたしは、それを伝え...

  2. その時俺は…「バーで出会って、酔っ払って結婚してしまいま...

  1. 「聖、咲華ね、アメリカで海さんと結婚して、この子を引き取った...

  2. 21st 67

    06/21

    「…えらいこと聞いちゃったな。」ノンくんが、口に手をあて...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3