ブログランキング9

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2967
  • 読者 711
  • 昨日のアクセス数 22996

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/03 22:03:48

  • 92
  • 0

「…紅美…電話じゃないか…」

あたしに腕枕したまま、ノンくんが言った。


今夜はノン君と…付き合い始めて、初めてのお泊り。

単独で取材を受けたあたしを迎えに来てくれたノン君と、そのまま空港の近くのホテルに。

て言うのも…

沙都と曽根さんが帰って来るから。

そのお迎え。


「んー…何時…?」

ノンくんはベッドの時計を見て。

「…4時…」

信じられないって顔で言った。

「…こんな時間に誰…」

スマホを手にして着信の相手を見ると…

「…父さんだ…」

あたしはガックリとうなだれる。

もう…

ほんっと、最近の父さんって…

「…俺が出ようか?」

「ううん…いい。」

あたしは大きく溜息をついた後。

「…もしもし。」

電話に出た。

『紅美?今どこにいる。』

「…寝てたのよ?」

『帰って来ないから心配するじゃねーか。』

「帰らないかもって言ったじゃない。」

『かも、だろ?帰るかもしれないと思って、心配して待ってたのに。』

もうお泊りは決めてたんだけど…

帰らないって言うと、根掘り葉掘り色々聞かれそうだったから…濁した。


…ノンくんと付き合い始めて二ヶ月。

だけど…あたし達は、まだ周りにそれを言ってない。

あ、沙也伽と希世、沙都と海君…それと曽根さん辺りも知ってるか。


別に…隠す必要はないんだけど…

何となく、特に父さんには…言えずにいる。

だって、父さん…

あたしが沙都とちゃんと付き合って、そして別れたって知った時も…

「年下は良くないから別れて正解。」

なんて…屁理屈を言ったらしい。

きっと、誰が相手でもいい顔はしないんだよ…

ノンくんは、イトコだ。

血の繋がりはないけど。

それでも、きっと嫌がると思う。


『誰と一緒なんだ。』

「…一人だよ…もう、寝るから切るよ?」

『おまえ、そんな事言っ』

プツッ

あたしは電話を切ると、電源も落とした。

「…陸兄、おまえが可愛くて仕方ねーんだもんな。」

ノンくんが起き上がって、あたしの首筋にキスしながら言った。

「…ごめん、起こして。」

「いや…起きたついでに、もう一回。」

「ふふっ…元気だね…」


秘密にしてる事を除けば…

あたし達は、本当に順調に…付き合えている。

バンドでは相変わらず厳しいノンくんだけど。

プライベートでは…すごく優しい。

でも、なかなかお泊りなんて出来なくて…

だから今夜はほんっっと嬉しい!!


母さんには、それとなく…彼氏ができた。って言ったけど。

父さんには内緒にしててねって言ってある。

あたしの彼氏事情を全て知ってる母さんから見ると…

どうせ長続きしない。ぐらいに思ってるのか。

「言わないわよ。また変わる恐れもあるしね。」

…ちょっと屈辱。


「紅美…」

「あ…」

指を組んで…何度も果てた。

ノンくんの重みを堪能するたびに…あたしの中に…湧いてくる物があった。


…年末、希世と沙也伽に二人めの赤ちゃんが産まれる。


あたし…

結婚…したいな…。

ノンくんは…

どう思ってるんだろ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/21 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3