ブログランキング24

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1105
  • 読者 523
  • 昨日のアクセス数 11195

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/01 07:10:19

  • 27
  • 0

『ここからは、お待ちかねのDJタイム!DJ SHOW!!』

真っ暗な中に色とりどりの照明が照らされ、爆音で音楽が始まる。


こんなのあるなんて…聞いてない!


気付いたら周りの人達は音楽にノリノリで、リヒトもゆうくんも見失っていた。

いつの間にか前の方に人が押し寄せて、そこから抜けるのも流れに逆らう状態で難しい。
暗くて顔も良く見えない中でもみくちゃになりながらなんとか進もうとしてると、誰かが呼び掛けた。

「大丈夫!?」


ゆうくん?
声が違う?
音楽でよく聞こえない…。


その人が腕を引っ張って、人の波から抜け出せた。

目の前に見えたのは……さっき話したこのお店の常連さんの一人?


「さっきから可愛いと思ってたんだ!!こっちで飲もうよ!!」
「…ありがとうございます。でもお酒は…」
「え!?何!?音楽で聞こえない…」

音楽の音で声が聞こえきくくて、その人が顔を近付けようとした……その時、また押し寄せた人がそれを遮って、あたしは人の波に……。


……違う。

あたしは背の高いマントの中にすっぽり包まれて、人の波から守られていた。
腕の中で顔を上げて、その背中にぎゅっと腕を回した。

「ゆうくん!怖かったぁ!」
「俺も…見失ったから驚いた」


探してくれてたんだって嬉しくて、腕に力を込めた。

そしたら顎に手が触れて上を向かされて、屈んだゆうくんの唇が降りて来た。


唇に牙が当たって、なんだか食べられてるみたい。
牙が深く傷付けないように優しく合わせて、舌であたしの口内をねっとりと味わう。

人前でこんな激しいキス……初めてで余計に心も体も熱を持った。


「……どうして……?」
「大丈夫、マントで見えない……それに吸血鬼だから、凶暴になったかな」


……本当に、見た目だけじゃなくていつもと違うゆうくん。


ドキドキして……ほんの少し、怖い。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 腕まくら

    2016/05/22

    ティッシュを渡され自分で拭く。拭いたティッシュを見る。う...

  2. 頬にちゅっとして唇を離し、背後に立ったままゆうさんの顔をのぞ...

  1. 首に回した腕で、ゆうさんを引き寄せて。ぎゅっと抱きついて、...

  2. わざとゆっくりゆっくり。ゆうさんの足の間に片足ずつ着地し...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/17 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3