ブログランキング21

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1115
  • 読者 526
  • 昨日のアクセス数 8219

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/01 01:22:47

  • 21
  • 0

『まずカードを5枚以上お持ちの方は前に出て来て下さい!』


そこから6枚以上、7枚以上…と枚数を増やすと段々減っていって……
最終的に前に残ったのは、ゆうくんとゆいちゃんとあたしの3人だった……。


『ちなみに優勝賞品は、豪華ホテルのペア宿泊券です!!今日出会った人と、この後泊まりに行ってもオッケーですよー!笑』

司会の人があたし達3人を見渡す。

『ちなみに優勝した方はここで皆様に撮影会でもしていただきましょう!』


「げ」
隣でゆうくんが小さく声を漏らす。


ゆうくん、せっかく写真撮りたいって人を皆断ってくれたのに……。


カードを数えると、ゆうくん、あたし、ゆいちゃんの順に一枚ずつの差だった。


「…あ!あたし達まだ、自分の分のカード渡してない!」
「……あ」

ゆうくんと顔を見合わせて、二人でゆいちゃんに一枚ずつカードを差し出した。

「え!?……いいの?」
「うん!むしろゆいちゃん……いい?」

ゆいちゃんはブンブンと首を縦に振った。


『という事で……優勝はテンテンちゃんのコスプレの美少女でーす!!』


ゆいちゃんがステージ上に促されて、会場は大盛り上がり。

人が苦手なはずのゆいちゃんだけど、どうもコスプレは以前から好きらしい。
自分とは別人になれる気がして楽しいし、その時だけは注目されたり写真を撮られても平気だって言ってた。


「リヒト…ごめんね…」

ステージ前で見ていたリヒトに話しかけると、複雑そうな表情で笑った。

「いや…まぁ、前一緒にコスプレした時より露出度低いし。これならまだ……いや、本当はそりゃ嫌だけどさ……」
「だよね……」
「いや……でも正直、ホテル宿泊券はありがたい。むしろすまん!」


……そういえば、二人とも学生でお金ないし実家暮らしだからホテル代が厳しいってゆいちゃんが言ってたなぁ。
これで二人の時間過ごせるもんね♡
それは良かったかも♡



少しホッとして、ゆうくんのところに戻ろうとした……その時。


突然会場が真っ暗になった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 会場に入ると、もう既に大盛り上がり!食事やお酒を楽しむ...

  2. あたし達はカフェパラの着替え用の控え室でお着替え。ゆい...

  1. 高2 6月②

    2015/11/13

    ゆうくんの出す甘い雰囲気が電話の音でパッと変わる。...

    life

    • 74
    • 6
  2. 小5⑮

    2015/10/12

    ※順番前後しますゆう君『ナツちゃんは…誰とも仲良くしてる...

    life

    • 60
    • 5

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/22 編集部Pick up!!

  1. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 不在時に来た子供が発作起こした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3