ブログランキング9

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2969
  • 読者 707
  • 昨日のアクセス数 21612

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/01 21:17:08

  • 107
  • 2

「志麻は…今も咲華さんを想ってます。」

あたしがそう言っても…咲華さんは表情を変えなかった。


志麻とのドイツの現場を終えて、一旦帰国した。

ドイツでは…

志麻と…ぶっちゃけ、傷の舐めあいみたいな事もした。

でも、痛いほど分かったのは…

志麻が今も咲華さんを好きだって事。


帰国してからの志麻は、ずっとハードにしてた。

とにかく…空いた時間を作らない。

そんな感じだった。

昼間本部にいたかと思うと、夜は埠頭。

そして週末はドイツ、からのイタリア。

そんなスケジュールを繰り返して…

志麻は、見た目も…随分変わった。

あれだけきちんとしてたのに。

髪の毛もボサボサだし、無精ヒゲもあるし、埠頭の警備には適してる(暴力団とのアレコレが勃発するから)って言われそうだけど…

ほんっと、まるでチンピラ。


別れて二ヶ月ぐらいのはず。

咲華さんは、こんなに幸せそうなのに…

志麻の落ちぶれた姿…

惨め過ぎる。


「…あたしの同期の女の子がね?」

ふいに、咲華さんが話し始めた。

「合コンで知り合ったサーファーと、結婚するって寿退社したの。」

「…それが?」

「出会って三ヶ月で、結婚を決めたの。すごいと思わない?」

「……」

それはー…

志麻が婚約から二年以上経っても結婚に踏み切らなかった事に対しての…嫌味?

「きっと…あたしには、彼を動かすほどの魅力がなかったんだろうなって思った。」

「……」

咲華さんは、あたしの視界の隅っこで忙しなく手を動かしてる『リズ』を抱えると。

「仕事に誇りを持ってる彼が大好きだった。いつまでも待てるつもりでもいた。でも…いつの間にか、彼の気持ちに寄り添えなくなってた。」

口元は笑ってるんだけど…少し寂しそうな表情で言った。

「…海さんとは…酔っ払って結婚して、リズちゃんを引き取るっていう…ほんと、有り得ない事から始まってしまったけど…」

「……」

「すごく…自然に…惹かれ合ったって言うか…」

「…兄のどこが好きなんですか?何がキッカケで、そこまで惹かれたんですか?」

こんなの、愚問でしかないって分かってる。

だって、二人はもう…愛し合っちゃってるんだもんね。

だけど聞きたくなった。

今後、志麻と会ってしまうだろう相手と…恋を始めてしまった理由。

苦しまないはずはないのに…


「のろけになっちゃうと思うけど…いいの?」

そう聞かれて、あたしは少し変な顔をしてしまった。

だけど…

「…どうぞ。」

そう答えた。

「…海さん、すごく優しい。」

「それは、あたしも知ってます。」

何となく負けたくない気持ちが湧いて、咄嗟に言ってしまった。

あ〜…もう。

あたし、ガキだな…

だけど咲華さんは小さく笑って頷いただけだった。

「相手の気持ちになって考えてくれる所、尊敬できるなあって。」

「……」

「だけど…孤独を感じさせる人でもあって。」

それを聞いた時…

あたしの中で、何かが少し動いた。

この人…

兄貴の事、ちゃんと解ってる…って。

「あたしも人の事言えないけど…不器用な部分も持ち合わせてる人だな…って思ったら…」

「……」

「…守ってあげたくなったの。」

「……はっ?」

守ってあげたくなった?

兄貴を?

ちょっとちょっと…咲華さん。

知ってる?

兄貴って、二階堂のトップなんだよ?

その兄貴を、守る気でいんの?


「だから、出来るだけ…美味しい料理作って帰りを待って…リズちゃんと二人で、とびきりの笑顔で出迎えてあげて…」

「……」

「気持ちのいいシーツで眠ってもらいたいし、何より…海さんに幸せだって感じてもらいたい。」

あたしは…

初めて『リズ』を直視した。

咲華さんの腕の中で、手を叩いたり…咲華さんの頬を指差したりして笑ってる。

「…泉ちゃん…?」

咲華さんが不思議そうな顔をして、あたしを見た。

それで初めて…あたしは自分が泣いてる事に気付いた。

…なんだろ。

志麻には…悪いって思うけど…

紅美と別れて、朝子とも婚約解消して…

女運ないよねーって、あたしと姉ちゃんに笑われてた兄貴がさ…

こんなに…

大事にされてるって…

しかも、すごく理解されてて…

…そりゃあ、兄貴…

志麻の事で色々言われるかもしれないって分かっていながらでも…

幸せになりたいって。

…思っちゃうよね…。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. マリアンさん(50歳)ID:6608630・10/01

    守るって言っても、ボディガードじゃなくて心を守るって意味なんだね。

  2. マコトさん(29歳)ID:6608606・10/01

    ホッとしました笑

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/22 編集部Pick up!!

  1. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3