アリスさんのブログ

恋愛小説ふう回顧録、ときどき普通

  • 記事数 823
  • 読者 38
  • 昨日のアクセス数 484

朝まで一緒に

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/09/29 22:01:32

  • 0
  • 0

キスのあと、どうしたらいいか分からない気まずい
雰囲気があった。
そのとき、母が私を呼ぶ声がした。
「舞、高橋さんはどうしたの?夜遅いから泊まって
行ったらいかが?と伝えてちょうだい」
「はーい、分かりました」
母が上に来る気配はない。
私はドキドキして生きた心地がしなかった。
「あの、高橋さん今日は泊まっていたらいかが?と
母が言っています。私の部屋で良ければ一緒にいてください」
「舞さん、それ俺を煽ってるだろ?自覚ある?」
「え?あ!私の馬鹿!」
「でも、舞さんが望むなら僕は隣で寄り添いますよ」
「それで舞さんが良く眠れたら僕は下で寝ます。
さすがにそんなに親しい関係ではないときに襲う
ことはしたくないから。どうですか?」
「そうですね。それがいいと思います」
「一階にソファがあるからそこで眠ること出来ます」
「音楽コンポあるから、音を静かにすればクラシックを
聞くこと出来ます」
「それに母は寝つきがいいから安心して下さい」
夜11時ごろ私は高橋さんの温もりを感じた。
その後は覚えていない。
高橋は舞の寝顔を見て癒された。ずっと見ていたかったが
約束した通りに一階のソファに行った。
音量を低くして眠った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 寝ている母を起こすと母は呑気に「あれ?今何時?」...

  2. 危篤になったので寝ないつもりだったけどさすがに眠い。母の...

  1. 私が中学生になっても変わらない母。それどころか、ますます...

  2. 告知

    2017/01/06

    お部屋に帰ってリビングにぺたりと座った。あんな伊藤...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/26 編集部Pick up!!

  1. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い
  2. 「孫依存」の母に振り回される
  3. 無意識にマウンティングするかも

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3