ブログランキング9

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2998
  • 読者 716
  • 昨日のアクセス数 29157

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/30 19:36:21

  • 82
  • 1

「…どうしたの?志麻。顔色悪いけど。」

二階堂に戻ると、姐さんから声をかけられた。

「…いえ、大丈夫です。」

「そう?」

「はい…」

「ドイツから要請が来てたけど、今回は浩也さんに任せる?」

「いつですか?」

「明日から一ヶ月よ。」

「…私がまいります。」

「…大丈夫なの?」

「大丈夫です。」


どうやって…帰ったのか分からないほど…

俺は動揺していた。


咲華から…

朝子と俺は血の繋がりがないんじゃないかと言われた。

…アルバムを見て気付いた…と。

なぜ気付いた?

あの日…咲華に見せたアルバムに、何か決定付ける物があったか?


俺は部屋に帰ると、アルバムを手にして開いた。

そこには、幼い朝子を大事に抱える俺の写真や…

手を繋いで学校に向かっている後姿。

…朝子は…

俺の妹だ。

間違いなく…東朝子は、俺の妹だ。

だが…

「……」

朝子の写真は、生後二ヶ月の次が…一歳半と、間が空いている。

俺はそのページをしばらく見つめた。


本当の朝子は…

一歳の時…突然いなくなった。

朝子が産まれて、女の子のいる家のリビングだった我が家は。

その日を境に、とてもシンプルな…無機質な家になった。

朝子が気に入っていたクマのぬいぐるみも姿を消した。

俺だってまだ幼くて両親に甘えたかったのに。

まるで俺の事が視界に入っていないかのようだった。

理由を聞かされなかった俺は、ただ落ち込んでいたような両親のために…必死でいい息子になろうとした。

まだ四歳だった。

それでも空気は読めた。

だが不思議な事に…それから数カ月も経たない内に…

「志麻、朝子よ。」

「……」

母は何を言っているのだろう。と思った。

幼い俺には分からないとでも思ったのだろうか。

母が抱いている女の子は…朝子ぐらいだった。

見た目も…朝子に似ている感じではあった。

「やっと退院できたのよ。志麻はお兄ちゃんなんだから、朝子をしっかり守ってやってね。」

「…はい…」

退院?

朝子は入院していたとでも?

いや、違う。

深夜、母のすすり泣く声を何度も聞いた。

朝子の名前を呼びながら。


両親が笑顔で俺に期待をすればするほど…俺はそれに応えようと必死になり、他人行儀になった。

とにかく…俺の任務は朝子を守る事。

それが…東家の長男として与えられた仕事。

成長と共に、朝子を守る事…そして二階堂に尽力する事を両親は喜んだ。

俺は…それぐらいの事でしか、自分の存在価値を認めてもらえないと思っていたのかもしれない。

朝子を妹以上に思った事はない。

だが…咲華は何らかの形で俺と朝子に血の繋がりがない事に気付き…

俺が朝子を好きだと言い張った。

…こんなに…咲華を想っているのに。


明日また話そうと咲華を家の前で下した。

…ドイツに行く事を話さなくては。

俺は携帯を手にして、咲華に連絡をした。

同じテーマの記事

コメント1

しおりをはさむ

  1. リリーさん(40歳)ID:6608172・09/30

    あーあ╮(╯-╰")╭
    こんな時にまたドイツに行くんだ…

    二階堂の為に尽くしたいって言うのは分かるけど、あまりにも咲華が可哀想だよ。
    話しして、今後の事決めてから行くなら納得出来るかもだけど…

    もう、終わりって気持ちに追い打ちかけたね…

関連するブログ記事

  1. 47th 45

    09/30

    『…もしもし。』電話に出た咲華の声は、当然…明るくはなか...

  2. 47th 34

    09/30

    「こんにちは。」「まだ準備…あら!!お帰りなさい!!」...

  1. 47th 50

    09/30

    「…別れた?」咲華と映画に行ってた華月とのメールを読んで...

  2. 45th 35

    09/27

    目を開けると、腕の中に咲華さ…咲華がいて。なんて…幸せな...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/24 編集部Pick up!!

  1. 誤爆LINEした彼を信用できない
  2. 未婚なら複数交際するのはありか
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3