ブログランキング40

【小説】ボク恋~カオル編~

性懲りもなくBLです。BLとは男と男が愛し合うことです。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2484
  • 読者 592
  • 昨日のアクセス数 5434

可愛さ爆発《383》

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2017/09/30 22:19:50

  • 57
  • 0

☆ボクはそれでも恋をする☆       





タクミはシーツをギュッと握り、カオルの
攻めを受け続ける。

深く激しく突きまくっていると、時々、玉と
玉とがぶつかる。タクミの再生工場が刺激され
3度目が近づく。


「カオル……これで……おしまいにしてぇ」

「フッ、俺も限界だ」


肩越しに振り返り、涙目でカオルを見つめる。


「カオル、キスしたい」


左手を背後に差し出すと、カオルがその手を
掴み引く。お互いに顔を近づけ、唇を重ねる。


「んん……」


タクミの上体が少し起き上がると、グサッ
と最深部に刺さる。


「んん!!!」


舌を絡めながら、タクミから今度は勢い
よくビュビュッと、快感を吐き出した。

と同時に、カオルもビクッとして、果てる。

余韻に浸っていると、タクミがぐったり
と、シーツに沈んだ。


「はぁ、はぁ、はぁ…」


カオルも息があがり、タクミの横に寝転がる。


「はぁ……はぁ……大丈夫か?」

「…………」

「意識、とんじまったか……」


タクミを背中から抱きしめ、目を閉じた。


………騙されてくれて、ありがとな。


カオルもそのまま、眠ってしまった。









「ん?」


カオルが目を覚ます。


「……」


すさまじい匂いと、体のべたつき。
すぐに意識がはっきりして、先ほどまでの
行為を思い出す。


「風呂……」


カオルが体を起こすと、タクミも目を覚ます。


「んにゃ?」

「風呂、はいろ」

「ん~、かおりゅ~~」


タクミは寝ぼけ眼で、抱きついてくる。


「風呂、な、タクミ、風呂にしよう」

「う~ん、かおりゅ、だっこぉ」

「はいはい、姫さま、仰せの通りに」


カオルはベッドから降り、タクミを横抱き
にした。


「す~き♡」


チュッ


(゜◇゜)ピャッ







〇(*´-`)マタ、ライシュー

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ★ボクはそれでも恋をする★      バックヤー...

  2. ☆ボクはそれでも恋をする☆       タクミを...

  1. ☆ボクはそれでも恋をする☆       クタンとの...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       カオルの...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/12 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3