ブログランキング23

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2373
  • 読者 572
  • 昨日のアクセス数 10854

ズンッ《381》

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2017/09/30 22:15:38

  • 37
  • 0

☆ボクはそれでも恋をする☆       





「無理しやがって…」

「だってカオルはボクとスルとき、ゴム
つけるでしょ」

「当たり前だ。お前の腹が下る」

「そしたら、カオルのをボクに入れるって
言ったら、お口からしかないじゃん」


カオルは、はぁ~っと力が抜ける。


「ったく、お前は何を考えているんだ」

「へへへ」

「俺もお前をいただくとするか」

「え~~、ダメだよ。カオル、口の中も
ケガしてるんだからぁ!」

「こんなもん、平気だ」

「ダメっ」


タクミが頬をプ~っと膨らませる。


「それは不公平だな」

「……」


むくれてカオルを睨んでいる。


「なんだ。なんだぁ」

「待てない………早く、お尻に欲しいもん」

「……っ」


言った本人の顔が熱くなる。当然、聞いた
人も赤い。


「俺を煽ったことを後悔するなよ」


カオルはタクミを全裸にして、膝を割り、
蕾にローションを垂らした。


「ぁん」


長い中指を挿し込み中をかき回す。


「あっ……」

「洗っただけじゃなくて、自分でほぐしも
したのか?」

「うん……」

「どんだけ用意周到なんだ」


指を一気に3本に増やし、手首を回転させる
ように激しくかき回した。


「ひゃっん………やっ………ぁぁ……」


カオルはタクミの中を刺激しながら、器用に
口でゴムの袋を破き、自分に装着する。


「カオル……」

「イキそうなのか?」

「んぅ~~」

「まだダメ。腰上げろ、挿れてやる」


指が抜かれると、太くて熱いカオル自身が
入ってきた。


ズンッ!


ためらいなく、一気に根元まで挿し込まれ、
タクミの背中がグンッと反る。


「そんな……一気に………んんっ……」


挿入だけでタクミは1度目の絶頂を迎えて
しまった。






同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       満足げに...

  2. ☆ボクはそれでも恋をする☆       「きつく...

  1. ☆ボクはそれでも恋をする☆       膝を立て...

  2. ☆ボクはそれでも恋をする☆       指先にコ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/18 編集部Pick up!!

  1. 未婚なら複数交際するのはありか
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3