官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 434
  • 昨日のアクセス数 1777

#6 その日5

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/28 09:44:46

  • 58

二人は仲良く電車に乗り、未央の家へ向かう。



電車に乗っている途中、窓の外のイーグル便のトラックが目に入った。



未央はそれを見ると、また再び複雑な気持ちが湧き上がってきた。



トラックから目をそらし、少しうつむく。



テツ「未央?どうした?」


未央「あ、ううん、なんでもない。」


テツ「?」


テツは未央の肩をそっと自分の方へ抱き寄せる。



されるがままに未央は寄りかかる。


未央(…。私、本当にこれでいいのかな。)


頭の中のぐちゃぐちゃを無理矢理忘れようと、そのままテツに寄りかかった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 未央は空港へ向かう電車の中でモンモンと考えていた。奏太...

  2. ベッドに入り、未央はテツの温もりを確かめるように、くっつく。...

  1. 未央「奏太くん…?」奏太「あ、いや…。」未央も...

  2. 仕事が終わり、未央はすぐさま家に帰って、テツを待っていた。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/19 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. 不在時に来た子供が発作起こした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3