官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 440
  • 昨日のアクセス数 1684

#6 その日3

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/28 09:38:23

  • 23

未央「奏太くん…?」



奏太「あ、いや…。」


未央も複雑な気持ちになる。


未央(どうしよう…でも、テツが…電車が…)



未央はどうして良いのか、頭の中を駆け巡らせる。




奏太は、寂しそうに目をうるっとさせている。



奏太「僕、うそつきました!僕、未央さんの恋、応援できません!お守りは本物だけど…」



未央「奏太くん…。でも、私、行かなきゃ…」



奏太「僕、待ってます!未央さんからの連絡、待ってますから!」



未央(そんな…どうしたらいいの。私はどうしたいの…?)



未央は自分の気持ちが揺れているのがわかった。


奏太の元へ行きたい気持ちも大きくある。


が、テツに会いたい気持ちも同じくらい大きかった。



未央「ご、ごめん!」


未央は駅へ向かった。


奏太は悲しそうに未央の背中を見つめた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 奏太は未央を包み込みながら、しみじみ思う。奏太(俺、未...

  2. 奏太「未央さん」(すごくオシャレしてる。もしかして、元カ...

  1. 未央「今夜、奏太くん、来るんだよね」ピンポーン、ピン...

  2. 以前の駅で待ち合わせる。未央「奏太くん、来てくれるかな...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/24 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3