官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 438
  • 昨日のアクセス数 491

#6 その日

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/28 08:56:58

  • 28

その日は遂にきた。



未央はおしゃれをし、綺麗に身支度をする。



全身ミラーを見て、隅々までチェックする。


未央「これでいいかなっ。今まで自分磨き頑張ってきたんだから!」


そう言って、時計に目をやる。



未央「あ!やば!もう行かなきゃ!電車に乗り遅れる!」



未央は鞄を持ってドアを開け、鍵をかける。


未央「よしっ!」


階段を降り、エントランスの自動ドアの前に立つと、向こう側からも誰かが入ってこようとしている。


自動ドアが開く。


「あ!」「あ!」


お互いの声が重なる。



入ろうとしていたのは、イーグル便の制服を着て荷物を抱えている奏太だった。


未央「そ、奏太くん」


未央の心が、ズキン…となった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 未央「今夜、奏太くん、来るんだよね」ピンポーン、ピン...

  2. ジョイの自宅アパート前に車を停めた。私は、きなこ飴を口に...

  1. ないだろうかお姫様願望高い所の物を取ってくれたり、...

  2. ………56        ムラムラしながらもテレビ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 新築お披露目で義両親にイライラ
  2. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3