ブログランキング9

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2967
  • 読者 711
  • 昨日のアクセス数 22996

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/29 22:12:19

  • 86
  • 2

「志麻が待たせ過ぎたのは分かります。だけど…どうして酔っ払って結婚する相手が兄貴?志麻と今後も関わってしまう所に、咲華さんの存在を置かなくていいんじゃないですか?」

「本当…泉ちゃんの言ってる事は、ごもっとも…なんだけど…」

「志麻に対する嫌がらせ?」

「……」

つい、泉ちゃんを直視した。

そのせいで、スプーンからマッシュポテトがこぼれて。

「あー。」

リズちゃんが、あたしの顔を見上げた。

「あ、ごめん。ごめんね。はい、あーん。」

嫌がらせ…

そう思われても仕方ないのかな。

そうだよね。

海さん、しーくんとあたしの事を知ってる人からは、色々言われてしまうかもしれない。

ましてや…しーくんのご両親も、二階堂の人だし…

たくさんの人に、嫌な想いをさせてしまう。

それは本当に、申し訳ないって思う。

でも…


「酔っ払ってたから…相手が誰だなんて…本当に記憶がないの。」

あたしの能天気な言葉に、泉ちゃんは露骨に嫌な顔をした。

…海さんの事、大好きなんだなあ…


「…あたしも最初は有り得ないって思ったけど…」

「なら…」

「目が覚めたら、憧れてた夢がそこにあったの。」

「……」

「結婚して、子供が産まれて…って。実際はお酒に酔って偽物を掴んだだけだ…って夢から覚めようとしたけど…」

その夢のような日常が…あまりに心地良くて。

あたしは、それを手放せなくなった。

優しい海さん、可愛いリズちゃん。

幻なのに、現実になった。

二人はあたしの…大事な夫と娘になった。


「海さんもきっと…色んな人に色んな事を言われてしまうんだと思う。だけど、あたし達…約束したの。何があっても離れないって。」

「……」

泉ちゃんは小さく溜息をついて。

「…じゃあ、一つだけ教えて下さい。」

一度うつむいた後、顔を上げてキッとあたしを見据えて言った。

「志麻と別れたのは、本当に…待ち疲れたから?」

「……」

「……」

「…そうよ?もう…限界だったの。」

リズちゃんが完食して。

まだ食べ足りない。って、テーブルを叩く。

「ふふっ。食いしん坊でしょ?この共通点がたまらないの。」

泉ちゃんは…リズちゃんの顔を見ようとしない。

ずっと、あたしの目を見てる。

一度立ち上がってミルクを用意して…それをリズちゃんに飲ませてると。

「志麻は…今も咲華さんを想ってます。」

泉ちゃんは…低い声でそう言った。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. リリーさん(39歳)ID:6607828・09/29

    泉ちゃん…嫌がらせって…。
    すごい思考回路…。

  2. マコトさん(29歳)ID:6607812・09/29

    ひぃぃぃ

関連するブログ記事

  1. 47th 23

    09/29

    「咲華さん。」何とか…海さんのご家族に挨拶が出来て。...

  2. 45th 20

    09/26

    『今から帰ります。何か必要な物はありますか?』海さんから...

  1. 45th 24

    09/26

    親父はしつこく俺をバーに誘ったが、『どうしても車で帰りたいか...

  2. 47th 21

    09/29

    「まあ…確かにな。酔っ払った勢いで結婚した。気持ちはない。な...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/21 編集部Pick up!!

  1. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  2. 不在時に来た子供が発作起こした
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3