ブログランキング21

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3547
  • 読者 746
  • 昨日のアクセス数 10250

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/29 00:41:47

  • 95
  • 0

「おはよう。」

「おはようございます、ボス。」

今日もボスは朝からキリッとされていて、部下である私の自慢だ。


先日、ボスが女性を抱きしめてお休みになられているのを目の当たりにしてしまい…

ついに紅美さんへの想いを断ち切る事が…!!

と、感動にも似た思いがあった。

それで、いつ一緒に住まわれてもいいように…と。

差し出がましいとは思いつつ、キングサイズのベッドをお贈りした。

不要であれば私が引き取ればいいだけの話だが、ボスからは『他言無用だ』と。

つまり、ベッドは使っていただける、と。

それは…お相手がいる事をお認めになった証拠!!


あれ以来、ボスの顔付が少し柔らかくなられたのも事実。

お相手の女性には感謝しかない。

スマホを見て優しい目をされている御様子には、本当に感涙だ。

ボスを愛して止まない泉お嬢さんに、早くこの幸せな報告をしたいと思うが…

他言無用と言われているからには…


「…富樫。」

「はい。」

おや?

今日は少し眉間にしわを…

彼女とケンカでもされたのだろうか…


「…最近、志麻に会ったか?」

「え?」

志麻の事を聞かれるとは思わなかった私は、少し目を大きく開いた。

いや、彼女の事をお話し下さると思っていたわけでもないのだが…

「えー…いえ、先月私が帰国した際も、志麻とは入れ違いだったので…しばらく会っていません。」

誰がどこの国の現場に行っている。という情報は、常にネットワークで分かるが…

私と志麻は、最近あまり一緒になる事がない。

恐らく、それぞれに重要なポストを任せて下さっているからだ。

それを解っているからこそ…私も志麻も、各々の現場をより迅速に解決するよう頑張っている。

以前は連絡も取り合っていたが…

そう言えば、ここ数か月は浩也さんとのやり取りがメインだった。


「志麻が婚約解消した話…聞いたか?」

ボスは机で指を組んで、その指で唇を触られた。

…志麻の事が心配なのだろう…

二階堂に尽力する志麻を、ボスは家族のように大事に想われている。

幼い頃から生活を共にされているし…

志麻は年下だが、私の憧れの存在でもある。


「頭からお話がありました。その件で傷心しているせいなのかどうか…ドイツでミスをした、と…」

志麻らしくないミスがあった。と、頭からお聞きして。

励ましたい気持ちはあったが…抑えた。

今は…そっとしておくのが一番だと思ったからだ。


「…富樫。」

「はい。」

「…実は、今…一緒に暮らしている女性がいる。」

ボスのその言葉に、私は大きく目を開いてしまった。

「お…おめでとうございます!!」

一歩前に出てそう言うと。

「いや、おめでとうでは…んー…いや…あー…ま、めでたいか。」

ボスは独り言のようにそうつぶやかれて。

「子供も…いる。」

「…はいっ?」

私の目は、両手を受けていないと落ちてしまうのでは?と思うほど…さらに見開かされた。

ボスは今…子供…と?

「そ…そそそそれは…でっでででき…」

「引き取ったんだ。」

「ひ…引き取った…とは…?」

「志麻が現場で射殺した、ドイツのテロリストの幹部夫婦がいただろ。」

「……」

人質にした我が子を刺そうとしたテロリストを…志麻が射殺した事件。

追い込まれたからとは言え…我が子を盾にするなんて…許せない。

「あの事件の…赤ん坊ですか?」

「ああ。」

私は…泣きそうになった。

唇が震えて、目頭がグンと熱くなって…

今すぐボスに背中を向けて、ハンカチを手にしたかったが…

「だが…全ては酔っ払っての事だ。」

その感動が、引っ込むような言葉が聞こえた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

  2. 2

    MyhoneyCin...

    7時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18504 / 読者数 4156

  1. 3

    When love ...

    21時間前

    リノ

    記事数 781 / 読者数 1676

  2. 4

    私の大好きな人

    23時間前

    出会いから、現在まで

    真琴

    記事数 1081 / 読者数 4389

関連するブログ記事

  1. 市川海老蔵が巻き込まれた暴力事件がありましたが、あの西麻布...

  2. 12月25日この日私は陽輔くんと葵くんの家に向かっ...

  1. 「本日はお忙しい中、また遠方より、私共の結婚式にご列席いただ...

  2. 今日、今期のドラマの話をしていた時のこと。     『...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/21 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3