ブログランキング23

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3680
  • 読者 764
  • 昨日のアクセス数 8491

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/28 18:29:26

  • 97
  • 0

「にゃー。」

「えっ。」

二階堂に帰ると…門の前に、おはじきがいた。

「珍しいですね…こんな所に猫なんて。」

富樫が辺りを見渡して言った。

「…首輪してる。」

あたしはおはじきを抱き上げて、首元のそれを見た。

おはじき、今まで首輪なんてしてなかったのに…

…最後に行った時も、してなかったのに。


「どこかの飼い猫でしょうか。」

「…そうだね。あ、富樫…警備があるのに、付き合わせてごめん。」

「いいえ。楽しかったです。」

「ありがとね。」

「こちらこそ、ありがとうございました。では、行ってまいります。」

「……」

富樫はそう言うと…中に入らず、今来た道を戻って行った。

…え?

もしかして…あたしを送るために?

…別にいいのに…って思いながらも。

一人になるとゴチャゴチャ考えちゃうから、助かったのも事実。

富樫、ほんと…いい奴だな。


「…で、何しに来たの?おはじき。」

おはじきを同じ目線まで抱えて言うと。

首輪に…何か挟んである。

「……」

ゆっくりと首輪の内側にあるそれを取ると、小さく折りたたまれた紙。

しばらく手にして考えたけど…

あたしは、おはじきを抱えたまま、それを開いてみた。


泉へ

他の女の子とスポーツ感覚で寝る事、悪くないって思ってて、ごめん。

泉と会えない間にしたくなったら、他の子とするのも悪くないって思ってて、ごめん。

泉が帰る時に、つまんないって言っちゃって、ごめん。

会いたいよ。

来て。これ読んだらすぐ、俺んち来て。


「……」

あたしの唇は、尖ってる。

薫平に腹が立つのに…

これ読んで嬉しいって思ってる自分に…唇が尖った。

あたしと恋人になりたいって言ったのに、他の女と寝るんだよ?

そんな男の事…信じられるわけないじゃん。

…だけど…

それは薫平のせいじゃなくて、育った環境のせいだ…とも思えて。

変わってくれるんじゃ?って期待が…無きにしも非ず。

…いや。

いやいや、小さな頃から培ってきた色々は、変わんないよ!!

実際薫平は、志麻が咲華さんをほったらかしにしてる事にはダメ出ししてたのに、自分の自由さは間違ってるって思ってなかったんだもん。


「にゃー。」

おはじきが、あたしの腕の中で鳴いた。

ぐぐぐっと力を入れてあたしの胸を押すと、無理矢理飛び降りて。

「にゃっ。」

あたしを一度振り返って…走って行った。

「あっ、おはじき…」

ついて行きたい気がした。

あの細い路地を抜けて。

近道をして。

あの丘の上の家に。


だけど…


あたしは行かなかった。

もう…


傷付くのが怖いから。

傷付くって分かる恋は…



もう、したくない。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「ちょ…っと!!薫平!!」あたしは掴まれた腕を振りほどこ...

  2. 「安藤くんカミラちゃん家泊まったんやろ?」竹田さんが...

  1. 54th 26

    12/20

    「…塚田さん…いい人なのに…僕、最低な奴だ…」「…何…?...

  2. 小さな時に天井に魔女がいますようにと願ったそう有名...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/20 編集部Pick up!!

  1. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら
  2. 仕事に行くフリして働かない夫
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3