ブログランキング9

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2966
  • 読者 711
  • 昨日のアクセス数 22996

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/27 23:07:12

  • 90
  • 0

「王国を作るんだよ。」

そう言って笑った薫平。

あたしはキョトンとしたまま、何も言えなくなった。

だって…

薫平なら、本当に作っちゃうんじゃないかって思ったから。

「あれ?笑わないんだ?」

「作るんだろうなと思って。」

「あはは…二階堂を出て話した人間には、だいたい笑われたけど。」

「あたしは外の人間じゃないからね。」

「……」

薫平の腕で、おはじきが欠伸をした。

居心地がいいんだろうなあ。

薫平自体が。


「…うちの母さんってさ、記憶がないんだ。」

不意に薫平が話し始めた。

「うん。聞いた事ある。事件に巻き込まれて…って。」

「調べたんだ。」

「え?昔の事を?」

「うん。母さんが父さんと出会う前の事。」

「……」

どうやって?なんて…聞かない。

二階堂にいた者なら、調べたい事はどうにか調べられる。

「すっげー大変だった。事件自体もブロックされてて、しかも母さんは国内出身じゃなくて。」

「え?紅(こう)さん、日本人じゃないの?」

「日本人だけど…イタリアで生まれ育ったみたい。」

「へえ…」

薫平は置いてたカップを手にすると。

「あっちで話そ。」

部屋の向こうを指した。

二杯目の紅茶を入れてもらってデッキに出ると、おはじきがお腹を見せて寝転がって。

それがすごく可愛くて、つい笑顔になった。

「癒されるだろ。」

「うん。」

二人で笑顔になってその様子を見てると。

「こいつ、捨てられてたんだ。」

薫平が、おはじきのお腹を触りながら言った。

「燃えるごみの日に…箱に入れられてさ。」

「ひどい!!何それ!!」

あたしが大声を出すと、おはじきがビクッとして身構えて。

「あっ…ごめんごめん…」

あたしはペコペコと頭を下げて…薫平は右腕で口元を押さえて、あたしの反対側を向いて笑ってる。

…ちくしょー…


「俺…孤児のための王国を作りたいんだ。」

「……」

笑いがおさまった薫平が、風に前髪をなびかせながら言った。

その前髪の隙間から…額に残る銃の傷痕。


「特殊な訓練なんてない、ただみんな同じように学んで笑って夢を持って…誰とでも恋が出来る環境を作りたいんだ。」

それは…

まるで二階堂とは正反対な気がした。

それを語る薫平が眩しくて、羨ましい気がした。

「…そんな王国作るのに、ビーズ細工や写真集の稼ぎで間に合うの?」

羨まし過ぎて…少し嫌味っぽくなってしまった。

ああ…やだな、あたし。って後悔しかけてると。

「あれはあくまでも趣味。王国作るための資金は他で作ってるよ。」

薫平はクスクスと。

あたしより女の子らしい笑い方をして。

「…この事、二階堂のみんなには内緒な?」

そう言って、あたしに小指を差し出した。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 36th 32

    08/07

    「あ…あたし達、イトコだしねー。」わざと笑いながら言うと...

  2. 46th 17

    09/28

    「でさーあ、志麻がキレッキレで仕事するから、あたしらまでとば...

  1. 13th 16

    06/07

    「はい、華音の焼きプリン。」「知花、俺の少ないぜ?」...

  2. 33rd 17

    07/13

    「…おはよ。」朝、キッチンで母さんに声をかけると。「...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/21 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3