ブログランキング9

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2954
  • 読者 711
  • 昨日のアクセス数 23746

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/27 10:58:47

  • 105
  • 2

悪夢にうなされてると…耳元で『大丈夫よ』と声が聞こえた。

足元にしがみついていた子供は消え去り…優しい温もりに包まれた。

誰かが…

俺を助けようとしてくれている…

その心地良さに浸っていたかったが、これは夢だ。

そう思った瞬間…額に唇の感触…

「大丈夫…大丈夫よ…」

これはー……

…咲華さんの声だ。

「はっ…」

驚いて目を開ける。

咲華さんは…俺の頭を抱きしめて。

ずっと…髪の毛を撫でてくれている。

なぜだ?

なぜこんな事に?

俺は…もしかして…

「…うなされてましたか…」

小声で言うと。

「…大丈夫です。」

咲華さんは、俺の頭を抱きしめたまま答えた。

「…起こしてしまいましたね…」

「大丈夫です。」

「……」

「海さん、あたし…何も出来ないけど…」

「……」

「海さんの味方ですから…」

味方…

敵も味方もないが…理由も聞かずに、俺の頭を抱きしめて。

『大丈夫』と言い続けてくれている彼女の優しさに…俺の気持ちは揺れた。

「……」

「辛い事があったら…話して下さ…」

ダメだ…と、何度も自分で言い聞かせたのに。

そうせずにはいられなかった。

咲華さんの唇を塞いで…上に乗った。

…欲しい。

咲華さんが欲しい。

それはもう…

酔っ払って結婚した責任うんぬんではなく…

俺はこの人を…一人の女性として、愛し始めている。


やがて背中に手が回って来て。

もう…止められないと思った。

首筋に唇を這わせると…

「あ…」

かすかな吐息が漏れた。

「……」

…ダメだ。

何やってんだ…俺は。

こんな…雰囲気に流されて抱こうとするなんて…

第一、咲華さんは志麻と別れたばかりだぞ?

まだ…気持ちの整理なんて…

「…すみません…」

俺は起き上って咲華さんに謝ると。

「…リズももう寝てるし…俺はあっちで寝ます。」

そう言って、ベッドを下りた。

…が。

ガシッ。

腕を掴まれて顔だけ振り向くと…

咲華さんがベッドに四つ這いになって、俺の腕を掴んでた。

「……」

「…行かないで…」

「…え…?」

「こんな風に…背中を向けないで…」

「……」

「あたし達…」

「……」

咲華さんは膝で立って俺の背中に抱きつくと。

「…夫婦でしょ…?」

小さく…つぶやいた。

「…それとも…あたしとはやっぱり…無理…?」

「……」

「あたしは…」

「……」

「あたし…」

咲華さんの震える声を聞いて…踏ん切りがついた。

俺は彼女の腕をとって、振り返って抱きしめると。

「…好きだ…咲華…」

耳元でそう言って…


強く抱きしめた。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ルナさん(100歳)ID:6606392・09/27

    うんうん😍
    海く~ん❗
    思うがままに…。

    あたしも海くんに抱かれたい💞

  2. マリアンさん(50歳)ID:6606370・09/27

    いい場面なのについ「よっしゃあああ!!」と叫んでしまいましたw

関連するブログ記事

  1. 47th 14

    09/29

    沙都とトシが帰って来て、富樫も招待して賑やかな夜になった。...

  2. 47th 31

    09/30

    「…急に会いたいって…どうして?」「え?」「もしかし...

  1. 47th 38

    09/30

    これ以上遅くなるのもどうかと思って、まずは桐生院家に電話をし...

  2. 47th 23

    09/29

    「咲華さん。」何とか…海さんのご家族に挨拶が出来て。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/20 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3