ブログランキング19

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3374
  • 読者 724
  • 昨日のアクセス数 10245

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/26 15:58:44

  • 92
  • 0

「今日は少し遅くなると思います。」

玄関の外でそう言うと。

「分かりました。もし変更があれば連絡して下さい。」

リズを抱っこしたまま、咲華さんは柔らかい笑顔でそう言った。

「行って来ます。」

「いってらっしゃい。」

「あー。」

「いい子にしてろよ。」

リズの頭を撫でて、二人に手を振る。

…どこから見ても、完璧に…家族に見えてしまうはずだ。

後ろめたさを感じながらも…俺は咲華さんとリズと三人の生活が…心地良くてたまらない。


リズ専用のベッドを買って、俺の部屋から机が消えた。

まさに…寝室だ。

窓際にリズのベッド。

そして、大きなベッドのリズ側に咲華さんが寝て…ドア側に俺が寝る。

完璧に夫婦だし、家族だ。

…見た目は。


おやすみ。と言ってベッドサイドのライトを消すと。

驚くほどのスピードで…咲華さんは眠りに落ちる。

その寝息を聞いていると…時々…うっかり手を伸ばしてしまいそうになる。

そこに眠っているのが、自分の大事な人に思えて…

抱きしめたくなる。


「おはようございます。」

「おはよう。」

富樫と二人でのファイルのデータ化も、随分進んだ。

二人で黙々と進める傍ら…休憩の時は富樫がさりげないつもりでも、ぶっちゃけて探りを入れて来るのをかわすのが楽しかった。

「ボス、頭がおいでになられてます。」

「え?」

一瞬にして…冷や汗が出た気がした。

まさか…何かバレたか…?


「よ。」

部屋に入ると、親父がファイルを手にして立っていた。

「こっちに何か用でも?」

親父の手からファイルを取って、机の上に置く。

「冷たいな。何かないと来ちゃいけないのか?ああ、ありがとう。」

親父はそう言って富樫の持って来たコーヒーを受け取って。

「莫大な量あっただろうに…よくここまで減らしたな。」

富樫に労いの言葉をかけた。

「少し手伝おう。」

つい目を細めてしまった。

現場に出るのが好きな親父が、データ処理を手伝うなんて。

…何か裏がある気がする…!!


俺の部屋で、親父を交えて富樫と三人でのデータの打ち込みが始まった。

「…あー…懐かしいな。この事件…」

「親父、それ言い始めると進まないから。」

「…確かに。」

「はっ…でもその事件は確かに…」

「だろ?」

「富樫。進まないから。」

「す…すみません…」

なぜだろう。

親父が加わって助かるはずが、なぜか進まない。

「おー…これ、未解決なのか…おかしいな…」

「…親父。手伝う気ないだろ…」

「悪い悪い。暇なのは幸せな事なのに、つい事件のファイルを見ると血が騒いで…」

「……」

親父の言葉に富樫と目を合わせた。


二階堂を秘密組織ではなく、一般の警察組織として構成させる事を…

親父もそうだし、じーさんも…ずっと頑張って来た。

だが、秘密組織ではなくなるということは…今までの体制と大きく変わるという事で。

今までは秘密組織という事で、警察と言えども全くの別物。

それが事実上、警察に吸収される形になる事を良く思わない面々も多い。

それに…

二階堂と警察が上手くやっていけるかどうか。

それが大きな問題だ。


それから黙々とデータを打ち込んだ。

さすがに歳を取っても出来る男の親父。

ありがたいほどに仕事が進んだ。


昼飯は富樫が近所のイタリアンをテイクアウトして来て。

夕方から夜にかけても、何となくだらだらと飲み食いしながら仕事をした。

ある程度先が見えてきたから今日はもう終わろう。と俺が提案したのは、20時を過ぎた頃だった。

咲華さんには遅くなると言ったが…今なら晩飯も残ってるか?なんて思ってると…

「よし。飲みに行くぞ。」

上着を手にした俺に、親父が言った。

「…もう帰ろうかと。」

「久しぶりに会ったのに、冷たいな。」

「…色々忙しくて。」

「プライベートがか?」

親父の肩越しに、『自分は何も!!』とでも言いたそうな富樫の顔が見えた。

「…まあ、そうだけど。」

別に突っ込んで聞いたりはしないだろう…と、正直に答えると。

「ほほお…それは興味深い。今夜じっくり聞かせてもらうとするかな。」

親父は、断らせないぞ。と言わんばかりに俺を指差して言った。




……マジかよ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    23時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18319 / 読者数 4121

  2. 2

    YOU.

    2日前

    優奈

    記事数 470 / 読者数 782

  1. 3

  2. 4

    When love ...

    11時間前

    リノ

    記事数 715 / 読者数 1488

関連するブログ記事

  1. 45th 21

    09/26

    「よく飲むなあ。」リズにミルクをやりながら、その愛らしさ...

  2. 「おかえりなさい。」「……ただいま。」今日の午後の出...

  1. 48th 96

    10/10

    「おーっす。」ドアを開けると、聖がいた。「…久しぶり...

  2. 48th 90

    10/09

    「よお。」「よお…って、早いな。」高原さんのマンショ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/16 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3