官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 440
  • 昨日のアクセス数 393

#6 素直な気持ち5

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/28 08:41:19

  • 24

ボストンのテツは、少しずつ帰る準備をしていた。



テツ「もうすぐ、帰れる。未央は、まだ俺のこと好きでいてくれてるのか…わからないけど、連絡しよう。…メール?電話?」




テツは、自分から別れを切り出したこともあり、直接連絡するのが少しだけ気まずい。お洒落なポストカードを送ることにした。



"未央、久しぶり。2月〇〇日に帰ります。もし、まだ俺に気持ちが残っていたら、空港で会おう。徹也"



テツ「やっと、会えるんだ。きっと、未央なら…」


テツは、ずっと未央を思い続けていた。そして、未央を信じていた。



やがて、ポストカードが未央の元へ届く。



未央は会社から帰宅後、ポストを開け、それを確認する。


未央「テツ!テツの字だ!帰ってくる!テツはまだ私のこと好きでいてくれたんだ。」


未央はテツの字を見て、テツの温もりを一気に思い出した。



いろんな意味で寂しい気持ちでいっぱいの未央は、何かに寄りかかりたかった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 別にどーでも良い話じゃけど……さっき亘宏が喋ってたので...

  2. 役得

    03/08

    昼間の職場はドラッグストア。私の担当は、ベビー用品と衛生...

  1. 彼の通っていたお寺の保育園彼の元奥さまと〇〇〇理ちゃんが...

  2. ①ウチの図面屋さん〇山(地名)からロードバイク通勤なんだよ。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/12 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3