官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 438
  • 昨日のアクセス数 1164

#6 素直な気持ち4

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/26 09:31:30

  • 42

未央「今夜、奏太くん、来るんだよね」



ピンポーン、ピンポーン


未央「あ、来た。はーい」



ドアを開ける。


奏太は笑顔で立っている。


奏太「こんばんはっ!お届けものです」



未央は、しばらく見なかった奏太を見ると、今すぐにでも飛びつきたい気持ちになった。


グッと堪える。


未央「奏太くん…、お届けものってなに?」


奏太「これ」


小さい紙の袋を差し出す。


奏太「これ、有名な神社の恋愛成就のお守りです。片想いが両想いになれるといいなと思って。これが僕にできる最後のことかなぁって」



未央「あ、ありがとう。」


未央は受け取ったが、とても心が苦しい。



奏太「それじゃあ、僕は、これで…。」


未央「わざわざありがとう。」


奏太はニコッとして、何もせずに帰っていった。



未央「奏太くん…」

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 未央「奏太くん…?」奏太「あ、いや…。」未央も...

  2. 奏太の車が未央の家の前に着いてしまった。奏太「着いち...

  1. 奏太は未央を包み込みながら、しみじみ思う。奏太(俺、未...

  2. 奏太は運転をしながら未央に話しかけた。奏太「未央さん、...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/23 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3