一番愛した人

社内恋愛してた彼の結婚、社内不倫、出会い系、私の結婚話をメインにした実話です。

  • 記事数 715
  • 読者 259
  • 昨日のアクセス数 856

2017/09/27 00:32:46

  • 12

11月18日 午前3時46分。
元気な男の子が産まれた。


「お母様とご主人、呼んできますね。」

あっそうだ。
忘れてた(笑)。


「廊下で声が聞こえて、産まれたんだって知ったよ(笑)。」
「ったく、下手なんだから(笑)。お母さん代わってあげたかったよ。」

二人ともごめん。
せっかく来てくれたのに私のせいで立ち会いしてもらえなかったね。


この後すぐにカンガルーケア。
赤ちゃん、めっちゃ可愛い。

「⚪⚪ちゃん」

すでに決めていた愛称で名前を呼ぶ。
私の声で目を開けてくれた。


赤ちゃんはすぐに小児科チームのケアを受け、私は胎盤を取り出したり、会陰切開した箇所を縫ったり。
後処理の方が痛かった。



出産後、助産師さんが「静かなお産だったね」と教えてくれた。

静かかぁ。
確かにじっと耐えてたなぁ。
叫んだりする人もいる中、私は小声で「いたい・・・」とばかり繰り返していたような。


あと、教えてもらったのが、お腹の中での赤ちゃんの様子。
赤ちゃんにへその緒が一重絡まってたらしい。
吸引分娩にして早く出してあげられて良かったと思った。


基本母子同室という方針に沿って、できるかぎり一緒に過ごした。
なかなか母乳がでなくて悩んだり、朝まで眠れなかったり。
退院前日には翌日からの生活に不安になり泣きながら助産師さんに話を聞いてもらったり。
終わってみればあっという間の入院生活だった。


その後母乳はたっぷり出たので完母でいけた。



その都度悩みはあるし、今も悩み事ばかりだけど、もうすぐ4歳になる息子と毎日楽しい日々を過ごしている。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 私の入院中に、ゆうに出生届をだしてもらって、赤ちゃんたちの名...

  2. 今日から臨月に入りました。36週です。毎日花粉と戦い(笑)...

  1. お腹もだんだんでてくると、にーちゃんが『ふーちゃんでっかい...

  2. 本日34週の検診でした。週数が進めば、進むほど息子の赤ちゃ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/20 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 不在時に来た子供が発作起こした
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3