アリスさんのブログ

恋愛小説ふう回顧録、ときどき普通

  • 記事数 459
  • 読者 15
  • 昨日のアクセス数 213

夜風にあたりながら

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2017/09/25 20:10:58

  • 0
  • 0

夜の風は寒い。
でも、それより私達はキスをしていた。
秀さんが私の唇を指ですぅっと撫でる。
「舞さん、目を閉じて。ちょっと口を開けて」
私は言われるままに目を閉じて口を開けた。
すると、秀さんの舌が私の歯列をなぞる。
私の舌をちょっと吸う。
私は突然のことで少し戸惑った。
「ん、ふぅ、あ。あ」
思わず声が出た。
「気持ちいいんだ。もっと聞かせて」
「でも。お母さまに気づかれないように静かに」
私は背徳感を思いつつ秀さんのキスに溺れる。
秀さんの顔を見れないのが悔しい。
静かに時間が過ぎていった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. Haruka

    2015/06/01

    「麻子お前嫌がるなよ」 麻子のおでこに手を...

  2. モリヤくんの上に馬乗りになる。私がするキスに合わせて...

  1. 夢中になり過ぎて 暑くなり一旦 咥えるのを辞めて崇の...

  2. ガマンできないかも宣言(笑)の少し前くらいから京ちゃ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/17 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. ママ友の発言にドン引きした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3