きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1215
  • 読者 525
  • 昨日のアクセス数 1506

おさななじみ 5

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/09/25 14:45:35

  • 24
  • 0

ぷんぷん怒りながら、蒼ちゃんを無視して蒼ちゃんちに行った。
おばさんは丁度仕事を終えて帰って来たとこだったみたい。

「すぐご飯用意するから、ソファに座ってゆっくりしててね」
「……ありがとうございます」


普通ならここでお手伝いするんだろうけど……。
実際もしこれが、さっちゃんとこのまりあおばさんだったら手伝うんだけど……。


私はお言葉に甘えてソファに座った。
そこに蒼ちゃんも来て、いっぱい空いているのにワザワザ隣に座ってくる。

「ちょっと!他いっぱい空いてるじゃん!」
「別にいいじゃん。何照れてるの?」
「あーっお兄ちゃんっ!お帰りーっ!」


更に騒がしい和沙がやって来て蒼ちゃんに抱き着いた。
和沙は自他共に認める超ブラコン。

何故か私の事も大好きだから、一緒に晩ご飯を食べる日は物凄く喜んでくれる。


「父さんは?」
「職員会議で遅くなるって。先にいただきましょ」

おじさんは不在で、そこにおばさんのお父さんが加わって、5人での晩ご飯。

「和沙、コレお願いしていい?」
「はーいっ」

和沙がお仏壇にご飯を持って行って手を合わせる。
おばさんのお母さんは蒼ちゃんが小さい頃に病気をして、13年前に亡くなった。
それもあって、実家に帰ってくることになったみたい。


席はしっかり和沙の隣を確保して、皆で美味しいご飯を頂いた。


「遅くなったらいけないから、太央送ってくるよ」
「あたしも行くーっ!」
「和沙はまだ宿題終わってないんだろ?」
「えーっ!何よー!太央だけお兄ちゃんに見てもらって、ずるーいっ!」

蒼ちゃんに促されて、私はおばさんにお礼を言って外に出た。


「っていうかすぐそこなのに、送らなくっていいのに」
「何かあったら俺が皐月おじさんに怒られる」


……蒼ちゃんは、お父さんとお母さんを皐月おじさん、菜々おばさん、と呼ぶ。
さっちゃんも私も、昔からそれぞれの両親をそう呼んでいた。

なのに今は……蒼ちゃんのおばさんだけは……名前を呼べない。


「……太央、あのさ……」

その時、蒼ちゃんの声がかき消されるぐらい大きな声が響いた。


「太央!!」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    12分前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18499 / 読者数 4152

  2. 2

  1. 3

    When love ...

    9時間前

    リノ

    記事数 780 / 読者数 1667

  2. 4

    私の大好きな人

    11時間前

    出会いから、現在まで

    真琴

    記事数 1080 / 読者数 4388

関連するブログ記事

  1. とりあえず学内のカフェに移動したけど、最早テーブルに突っ伏し...

  2. さっちゃんが何を考えてるのか分からない。かといって自分...

  1. 「太央……もう遅いか?」涙を親指で拭いながらさっちゃんが...

  2. 「ねぇねぇ、あたし達の名前の由来って知ってる?」……こ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/19 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. 新築お披露目で義両親にイライラ
  3. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3