ブログランキング36

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1117
  • 読者 532
  • 昨日のアクセス数 8789

おさななじみ 3

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/09/25 10:09:47

  • 24
  • 0

当たり前の様に2階にあるうちの自宅に入って行く蒼ちゃん。
それをお母さんがハイテンションで出迎えた。


「きゃーっ!蒼ちゃん!?久しぶりね!大学はどう?医学部ってやっぱり難しい?」
「え!?」


医学部!?
蒼ちゃん医学部なの!?


「なんでまた医学部…?」
「なんでって、そりゃ…」
「勿論、医師を目指してるからだよ」

ニコニコ笑顔で喋ろうとしたお母さんを遮る様に、蒼ちゃんが笑顔で言った。

「そんなの一回も聞いた事なかったんだけど…」
「そうだった?あ、そうだ。菜々おばさん、今日太央うちでご飯食べさせてもいいですか?」
「えー!?いいの?実は私急な打ち合わせが入っちゃって、太央一人になっちゃうから困ってたのよ!」
「別に一人でも平気だよ……子どもじゃないんだから……」

私の呟きはあっけなく無視された。

「じゃあ晩ご飯を食べ終わったら、また送ってきますから」
「何から何まで、ありがとう!沙織さんにもよろしく伝えてね!」
「はい。菜々おばさんもまた遊びに来て下さい」
「ふふ、そうね。じゃあ私出かけるから!蒼ちゃん、ゆっくりしていってね!」


嵐の様に去って行くお母さんを見送って、私は自分の部屋に向かった。

お母さんは絵本作家で、普段は家にいることが多いんだけど時々こうやって打ち合わせとかが入る。
お父さんは内科医で忙しいから、そういう時は蒼ちゃんのおばさんが家に呼んでくれるんだけど……あんまり行きたくないんだよね……。


「……なんで付いてくるの?」

階段を昇る私の後ろに何故か付いてくる蒼ちゃん。

「久しぶりに太央の部屋にお邪魔しようかと思って」
「なんでよ!?私今から着替えるの!!」
「いいよ。全然気にしないから」


デリカシーってもんがないの!?
この男は!?


「蒼ちゃんのバカエロ河童!!」


思いっきり閉めた扉の向こうで、蒼ちゃんの笑い声が聞こえた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ………家に向かって歩き出すものの...

  2. 蒼ちゃんと私、同時に振り返ったけど……このデカい声は振り返ら...

  1. 51

    02/07

    お父さんは物静かだけど、笑うとくしゃっとなるところは裕太そっ...

  2. 今日の事お父さんはお母さんに言ったの?「桜と昼に△△行...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/23 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3