小説置き場

原案上は完結。ブログではやっとこれでも半分過ぎ。立ち寄りありがとう。

  • 記事数 556
  • 読者 72
  • 昨日のアクセス数 252

311夢で見た話から作成

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/24 00:40:55

  • 6
  • 0

献血センターは、俺のショップと駅は同じだけど、出口は違う。
キレイなビルの中にあるし。
「うわぁ!病院みたいな所かと思ってたら、全然違うんだね」
少し不安そうだったアヤが、目を輝かせている。
「病院みたいな所だったら、誰も来ないだろうな」
と言うと、アヤは「へへっ」と眉を下げて笑った。

アヤは初めての為、登録手続きで時間がかかってしまう。
更にその後、献血できないとなると、俺が献血している間、ここ(待合室?)で待ってて貰う事になるんだけど…

さすがに平日の昼間、ガラッガラだ。
もしアヤが無理だった事を考え、全血の方にして先に献血ルームへ。

献血しながら見てると(間はガラス張り)、どうやらアヤは断られたらしい。
大人しく何か飲みながら、雑誌読んでいる。

速攻終らせ(裏技)、待合室へ戻ると、
「アヤ、ダメだった?」
するとアヤは、困った顔をして俺を見上げ、
「貧血って程じゃないけど、ちょっと数値が少ないから、やめておきましょうって言われた…」
としょんぼりした。

俺は献血後のお約束のドリンクを飲みながら、アヤの隣に座り、しばらく話をする。
「やっぱりな。たまには肉も食えって事か…」
「そうなの?」
肉と貧血が結び付かなかったのか、アヤが不思議そう顔している。
「そんなレバーとかほうれん草みたいなの、毎日食えるわけないし。
…これから買い物行こう」

止血バンドを返却して、献血センターを後にした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. とにかく何かあれば祈り続ける。病院で病気が見つかれば祈っ...

    days

    • 0
    • 0
  2. ヤコブ病

    2013/11/25

    母の病気は、他の人には糖尿病と脳炎が重なってしまったと話して...

  1. 緊張感が続いたのか、息苦しいし、胸はドキドキして、不安も...

  2. テレビで医療刑務所をやっているが。憤る。逮捕される半...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/25 編集部Pick up!!

  1. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3