アリスさんのブログ

恋愛小説ふう回顧録、ときどき普通

  • 記事数 815
  • 読者 38
  • 昨日のアクセス数 548

テーマ:小説 > 短編

2017/09/23 22:10:47

  • 0
  • 0

秀さんと待ち合わせして私の実家に一緒に行った。
「こんにちは」
「突然のことにありがとうございます」
「いえ、大丈夫です」
「それにおはぎ好きです」
「そうですか。良かったです」
「口に合うか分かりませんが召し上がって下さい」
「ありがとうございます。頂きます」
私は秀さんの横顔をそっと見た。
本当に美味しそうに食べてる。
「美味しいです。ありがとうございます」
私は秀さんのこんな素直な一面を見てもっと好きに
なった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 600円

    2016/01/19

    嵐の中、ナツキ君を送ったら百円をくれた。「コーヒー代」...

  2. Aは、実家があるので、実家から仕事に行っていたが、ご飯はほ...

  1. 605

    2016/02/04

    村瀬くんのマンションから徒歩数分でお店に到着「なんでも頼...

  2. 395

    2017/03/03

    元々あたしは若い頃からH好き。友達同士で下ネ...

    Y

    • 38
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/20 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3