春の風

大好きな彼との未来へ。☆完結☆最近のことを書いてます。

  • 記事数 717
  • 読者 2936
  • 昨日のアクセス数 1635

営業スマイル

しおりをはさむ

テーマ:家庭 > 夫婦生活

2017/09/26 23:14:58

  • 361
  • 0

悠のそばに行くと、後ろからひょこひょこ着いてきた森口は、私の前に出た。



悠のことを、上から下まで見て、



「初めまして!お世話になってますっ。」



そう言って、軽く頭を下げた。




「こちらこそ♪」


キラッと悠が微笑んだ。



営業スマイル。


あ、これヤバイ。かっこいい。


じゃなくて、この笑顔は思ってること隠してる笑顔だ。絶対怒ってる、、、。




「森口君、じゃあこれで解散ね。お疲れ様。」



「お疲れ様でしたー」


















あれだけしつこくしてきたのに、悠を見れて満足したのかな。あっさり帰って行った。






悠の方を見ると、

「お疲れ。笑」


そう行って、悠は私の頭に手をポンってした。



ちょっと酔ってて目がたれ目。


ほっぺもちょっと赤い。



今日はメガネしてる。



メガネの奥の優しい瞳にキュンとした。




「うん♡悠もお疲れ様!変なの連れてきてごめん。」



「アンナから話聞いてたから、俺もちょっと見たかったし、気にすんな」



「変な奴だったでしょー。」



「んー、俺の前ではそんな喋んなかったじゃん?だからよく分かんねー。でもまだこっちチラチラ振り返ってるよ?笑」




「え!?」



慌てて森口君が去って行った方を見ると、ちょうどこっちに振り返った。



「手ぇふってあげたら?笑」


悠にそういわれて、軽く手を上げて振った。



それに気づいた森口君は、飛び跳ねて両手を上げて手を振り返してきた。



「若いな。」

「うん。若いよね。」









タクシーを待ってる間、今日の話をお互いにした。


「今日は結構飲んだよー。新人ちゃんがお酒強くて、焼酎飲んじゃった」



「おいしいのあった?」



「よく分かんなかった。笑」



「俺、焼酎飲めない。笑」


「知ってる。笑」



「だけど、昔旅行行ったら地酒的なの飲んで見たことあったよね!」



「あったあったー!日本酒な!旅館で美味しい料理と一緒に飲むとおいしく飲めちゃうよなー。」



「また旅行行きたいね」



「次、ディズニーにしよーぜ」



「え!そうする!!絶対そうしよ!ヒナがアリエルに会いたいって行ってたよ♪」



「よし、また計画立てるか」



「うん♡」



そして、そのままタクシーに乗って、運転手さんと美味しいお酒の話とかして、お金を払って降りた。
















「なぁ、アンナ?」



「うん?」


家に入って、洗面所で手を洗っていたとき。




悠も一緒に来て、後ろから腰に手を回して悠がくっついてきた。



「なに?どうしたの?」


首筋にかかる悠の息がくすぐったい。



お酒とタバコの匂いがする。



「気に入られちゃダメ。」


「え?」



「、、、、、。なんでもないっ、、」

首すじにキスをされる。



「ごめん笑」


「ほんとだよ。でも、俺、余裕ねーなー、、。あー!!もうっ!結婚してもこれじゃマジでかっこわりー。しかも年下に。」













森口君がちょっと変わってるってのもあるけど、私もダメだよね。


だけどね、悠がストレートにそうやって気持ちをぶつけてくれるのは、嬉しいんだよ。



30もすぎて子どももいるのに、あーあ、うちらほんと何やってんだか。笑


そんなこと思いながら、久しぶりに手をつないで寝た夜だった。








そして、その次の週。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 京くんは、じっと私の顔を見る。「酒…飲んでるのか。」...

    四角関係

    • 171
    • 0
  2. ワインと共にこの店自慢のアジアン創作料理を堪能する二人。...

  1. 何で酔っていることを知っているのか、、という問いに答える。...

  2. .

    12/01

    そう私はお酒好きなんです。ついでにザルです(笑)「いー...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/19 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3