アリスさんのブログ

恋愛小説ふう回顧録、ときどき普通

  • 記事数 526
  • 読者 22
  • 昨日のアクセス数 1066

テーマ:小説 > 短編

2017/09/22 20:59:30

  • 0
  • 0

俺は今日のジムの営業を終えてちょっとお茶を飲んでた。
電話が鳴った。
「もしもし、佐々木ジムです。あ、田中さんこんばんは。
どうしましたか?」
「もしもし、突然すみません。あの、明日ちょっと
私の実家に一緒に来てもらえますか?母に秀さんの
ことを話したら気になってそわそわしてます。
それに明日は母がおはぎを作ります。大丈夫ですか?」
「え、はい。大丈夫です。でもどうしてですか?」
「母は1人暮らしで不安なんです。私がちゃんと
暮らせていけるか?誰かいい人いるか?とか。
まぁ、まずは彼氏のふりして欲しいです。
少しでも安心させたいので。それに本当は私、
秀さんが好きです。お付き合いしたいです」
「ありがとう。待ち合わせはどうしますか?」
「私がそちらのジム近くの駅で待ちます。電話番号言うのでメモして下さい。電話番号同士でメッセージのやりとり出来ます。あとは私が案内します」
「分かりました。明日よろしくお願いします」
「こちらこそよろしくお願いします。失礼します」
電話を終えてひと安心。
お茶を入れた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ちょっと気分転換に違う作品を書きます。恋愛ゲームのキャラが...

  2. お詫び

    2016/12/04

    ご指摘ありがとうございます。384から389に飛んでいま...

  1. 217

    2015/03/24

    お葬式から何日か経った日携帯に電話がかかってきた。知...

  2. #5

    2015/11/05

    #5『私がまず、電話した方がい...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/12 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3