ブログランキング30

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1115
  • 読者 529
  • 昨日のアクセス数 8789

Free Bird 16

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/22 23:09:06

  • 36
  • 0

家に帰ってすぐ、ジャケットを脱ぐ間も惜しんで唇を求め合った。


ベッドにも行かずに、立ったままで翔ちゃんの首に腕を回す。
あたしの腰にあった手が背中に上がってきて、ブラのホックを簡単に外した。

その間も唇と舌を絡ませ合って、お互いの服をもどかしく脱がしていった。


二人ともパンツだけの状態になると、翔ちゃんを見上げながら足元にしゃがみ込む。

「……ん……」

はち切れそうな膨らみを外に出してパクッと口に入れた。
口の中で舌を動かしてたっぷりと味わう。

たまに漏れる吐息で、感じてくれてるって分かって嬉しくなっちゃう。


いつまでも味わっていたいぐらいだけど、翔ちゃんに口を離されてベッドに横にされた。

「ん……気持ち良くない?」
「良過ぎるから、もう終わり。…ったくどこで覚えたんだ?」


……って、その言葉そっくりそのまま返したい。

前に一回翔ちゃんとして、正直気持ち良過ぎてビックリした。
やっぱり遊び人だからこそのテクニック!?


「あっ……そこ、やっ……」
「ん?どこ?」

翔ちゃんは指と舌でいきなり的確な場所を攻め立てる。
あたしもそうだけど、もう待ちきれなくて早く求めてるって感じ。

あたしの体も正直に快感に反応する。


「あっあぁっ……翔ちゃ……早く、欲しい……っ」

思わずおねだりしちゃうと、翔ちゃんは堪らない目をして体を起こした。

ゴムを付けて、ゆっくりとあてがう。
あたしは待ちきれないように自分から腰を動かして迎え入れる。


ピッタリと体を重ねて、繋がる。
幸せで胸の中が満たされる感覚。


「……大好き……翔ちゃん……っ」
「……俺も、ゆな……動くぞ」
「やっあーっ…んっ」

待ち焦がれていた快感に体を震わせた。

翔ちゃんは繋がったまま体を起こして、あたしの腰を浮かせると下からお腹側に当たるように突き上げる。

「ゆな…ここ、好きだろ?」
「やっ!あっあっあっ…」

ニヤニヤ笑いながら言われて、恥ずかしさで余計に煽られる。

「締め付けヤバい。繋がってるとこも良く見えるし…エロ…」
「やだぁっ言わないで…っあ…っ」
「もっと乱れて…イっていいよ」

突き上げるスピードを変えないで、付け根の敏感な突起を同時に擦られた。

「やーっ!だめぇっ…あっ…いっちゃう……っ!」
「ん…俺も…っ」


体をビクンと震わせて、ほぼ同時に達した。

しばらく脱力しながら抱き締められて、キスをしながら笑い合う。


……そんな感じで、何度も……ちょっと最後はグッタリしちゃうぐらい抱き合った。

翔ちゃんはあたし達が「体の相性良い」って言った。


そうなの?
これって……テクニックだけじゃなくて相性なの?

……ん?もしかしてあたしを彼女にしてくれた理由ってそれ??

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. バックで

    2015/03/01

    素直になろう。そう思って、翔に「お願い、もっとして。」...

  2. 下ネタ大会も終わり解散。私達も帰る…わけはなく、皆には秘...

  1. TABOO 207 ...

    2015/12/04

    指で ずっと強い刺激を与えられ 朦朧とする中 またもや口で敏...

  2. しちゃう

    2015/02/17

    しばらくそのままお互いしあいっこした。「翔…もうだめぇ…...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/23 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 誤爆LINEした彼を信用できない
  3. 不倫相手と関係切れていなかった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3