官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 437
  • 昨日のアクセス数 2961

#6 僕の全部5

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/25 09:42:52

  • 20

奏太「くっ‥もう‥イッちゃいます‥!イク‥っ!」


未央は口で受け止める。


その時、一瞬、高木の言葉が思い出される。
((「飲んで欲しいなっ♪」))


未央は、そっか、と思い、奏太の苦いような味のする液体を口に含むと、勇気を出してゴクリと飲み込んだ。


奏太は驚く。


奏太「!! 未央さん‥!」


未央「は、はじめて飲んだ‥ふふ」



奏太は未央を抱きしめた。


奏太「無理しなくていいんですよ?」


未央は「うん」と頷く。



そして、奏太は未央ごと布団に横になろうとする。


未央「‥いいの?」


挿入しないことに疑問を持つ。


奏太「あ、今日、ゴムないんでっ。」


テヘッと笑って、未央の体を自分の体と一緒に布団へ倒した。



未央(奏太くん、ちゃんと考えてくれてるんだ…)


未央は奏太の気持ちがとても嬉しかった。



ふたりは布団の中で向かい合い、コソコソと話しながら、しばらくじゃれ合った。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 未央「奏太くん…?」奏太「あ、いや…。」未央も...

  2. 奏太の車が未央の家の前に着いてしまった。奏太「着いち...

  1. 奏太が横になろうとする。未央は奏太を寝かせないように起...

  2. その後、2人は店を出てドライブをする。未央(奏太くんっ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/20 編集部Pick up!!

  1. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 未婚なら複数交際するのはありか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3